スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古住宅を改修しています 

震災後、だんだんと落ち着いてきた感じがあります。もちろん、全然落ち着いていない課題もたくさんあります。

そんななか、中古住宅の改修に関する相談や話、検索が重なっています。一つには、今回の地震で少し痛んだので直すなら部分的にリフォームしようということや住みなれた土地で住み続けるために中古住宅をさがしたり、自分でやってみたそうな方など。

自分自身、今回の震災であらためてこの土地で暮らすこと、生活できる住いがあることの意味を痛感させられました。だからこそ、よりよく住み暮らす方法の一つとして、中古住宅の見定め方や改修方法、または自分でDIY的にリフォームできることなどを考えていかなければならないと思っています。

110604
浴室の壁に漆喰塗の様子。左官の大変さが身にしみます。けど、だんだんと上達するかんじも楽しい。

震災前から、築30年代の中古住宅に出会い、自分で調査して設計して、工事をお願いし、後はできるところを自分でハーフDIY的にリフォームしているのですが、大変なこともあるのですが、面白いしいいことがたくさんあるので、ぜひ試してみませんか?という実感からもあります。

ただし、中古住宅は個々の条件が異なるので、ぜひ一度ご相談頂けるといろいろとイメージが膨らみつつも、悩みの減ることなどをサポートできます。また、ブログのリフォーム関連の内容も整理しだしたのでぜひ、ご覧ください。

<築30年代中古住宅リフォーム・ハーフDIY のHP情報はコチラへ>
スポンサーサイト
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

タイル風呂の解体です:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

家のあちらこちらと、白蟻不安を抱えながら床をはがしまくってきましたが、サポート仙北の早坂さんのアドバイスで助かり、断熱がないので木材の腐朽もそれほど心配なさそうなことが分かってきたので、気合を入れて手を入れるべきはお風呂、脱衣所、トイレだということに落ち着きました。

リフォームは予算と中古住宅の老朽化具合をきちんと目視し、たたいてみて判断しなければ、不安ばかり募ります。しかし、お風呂などの水回りは床下が潜れなかったりするので解体しなければ分かりにくい部分です。
1102151
こちらが、解体前の浴室。一見、タイル張りなので問題なさそうなのですが、右下奥の蛇口の下あたりのタイルに割れが入っていてよく見ると穴が開いています。水はそこから土台部分へ漏れて、土台周りを腐らせ、白蟻を呼ぶという典型的な在来浴室の腐朽現象が起きていました。これは、隣接する階段の下から基礎周りをみても分かりました。

構造体が腐朽している部分のリフォーム先行です。しかし、解体してみないとどこまで腐朽しているかが分かりません。それによってリフォーム費用や設計内容も変わってくるので、まずは自分で徹底的に解体してみることにしました。
1102152
いざ、自分で解体と思っても、タイルは壊れません。どうしたものかと調べても解体方法はよくわからないんです。そこで、タイルを切断する刃のグラインダーを購入して、切れ目を入れます。しかし、時間がかかるし、削り粉で真白になるしどうしたものか?と思いホームセンターへ。

1102153

結局、大型のハンマーでタイル壁を叩きまくるしかないという結論に達しました。プロは電動の粉砕機使うんでしょうけど、そこまで設備投資はできません。ひたすらたたく。するとタイルがボロボロはがれてきます。しかもタイルの裏にはモルタルがたっぷりついています。当時のつくり方が伺えます。解体後のタイルとモルタルも重いので運び出すのも一苦労。たたいて運んでの日々が続きます。

今までのリフォーム情報はこちらもどうぞ
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

「家をリフォームしたくなったら」に掲載されました:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

先日発売された「家をリフォームしたくなったら」(ネコ・パブリッシング発刊)の、頼りになる全国のリフォームパートナー107社のコーナーへ、環デザイン舎のリフォーム事例が掲載されました。

1102081
こちらが表紙です。書店でみつけたら手にとって見てくださいね。
全国のリフォーム事例とともに、個人的にうれしいのが、DIY特集としてセルフリノベーションで塗り壁やタイルの貼り方なども分かりやすく解説されている点です。様々なリフォームの考え方と方法そして、建材の紹介、リフォームを相談できるパートナーの紹介と読むところが盛りだくさんです。

こちらが掲載記事。173ページに掲載されています。
1102082

ちなみに、同じ写真はこちら

昨年末のバタバタしているときに、ご連絡をいただき急ぎ写真と文章を送って掲載となりました。お声をかけていただき感謝です。これも、ブログやHPなどのおかげか?と思い、これからもリフォーム情報やDIY情報をUPしていきたいと思います。

リフォーム関連情報はHPでも見られます
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

テラスの漏水調査と荒床はがし:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

1101191

中古住宅。傷んでいるところは千差万別。
テラスの防水シートが切れていました。とりあえずガムテープで修理してはがれた跡があります。雨がテラスの下にしみ込んで雨漏りしているのか?と思いつつ、階下の天井を見ても雨染みはなく、切れている上を歩くと下地合板が少しふかふかと軟らかい感じです。

白蟻害の床検査で経験積んだので、このくらいのふかふかなら大丈夫かな?と思うのですが、実際に木部の腐朽具合を目視しなければ安心できません。

1101192

さっそくテラスに面する部屋の畳をあげます。荒床が出てきます。毎度のことながら、畳と荒床のセットに感謝です。
1101193
まずは、大バールを隙間へ入れててこの原理でまんべんなく板を持ち上げます。
1101194

古釘が浮いたところを、小さなくぎ抜きでぬきとります。
そして、デジカメを床下からテラスしたの方へ向けて何枚か角度を変えて撮影します。

1101195

ネタの上にのっている合板に黒いしみがみえます。腐朽していることがわかります。しかし、思ったほど腐っていないことにも驚きです。雨が結構しみ込んでいるはずなんですが、やはり通気がよく南側なので乾燥しやすく腐朽がすすみにくかったのかもしれません。緊急的な改修の必要性はなさそうなので、今しばらくはシートやテープで応急処置して、工事予算をつくります。

おそらく、一回合板ごとはがして、FRP防水をキッチリ施工する必要がありますが、道づれ工事が多く、テラスの笠木と手すり、外壁も一部工事が出てしまうのが悩みどころ。今後の検討課題です。

今までのリフォーム情報はこちらもどうぞ
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

取り急ぎ、撮影!:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

取り急ぎ、リフォーム事例としてほぼ仕上がっている、脱衣室とトイレを撮影です。
1012261

年末、バタバタとしているときほど、色々重なるものかもしれません。
急に、小さな枠ですがリフォーム事例の掲載のお誘いをいただき、撮影です。
脱衣室、浴室という狭い空間でいかによりよく写すか。壁に体とカメラを寄せつけての試行錯誤の末、一枚パシャリととれました。

以前の職場で建物が竣工すると撮影する竣工写真でお付き合いしていた写真家の方から色々と撮影方法を教わりました。余計なものは外す、隠す、整える、向き、水平垂直が肝心。光の状態を見るなどなど。

左の写真は浴室から脱衣室を見た写真。
いわきの杉をつかい、木木しすぎないように、側面は漆喰仕上げとし白い壁で明るさも確保。木と白い壁のバランスをとりながらデザインしました。

右の写真はトイレ。
こちらも、浴室と同じデザインで一方向の壁と天井、床に杉板を使い、側面を漆喰塗りです。

来年の2月くらいの出版予定が楽しみです。
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。