スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄いけど分厚い内容「暑さとくらし・寒さと暮らし」本!

IMG_7465[1]

やっと2冊そろい届きました。「暑さと暮らし」「寒さと暮らし」。宿谷昌則監修。鈴木信恵著。

表紙をめくると、「暑い(寒い)ときの、自然をいかしたくらしの工夫を、たくさんのイラストを使って分かりやすく伝えます。なぜ暑く感じるのかを、体の仕組みや、衣服や住いの仕組みから解説。日本や世界の昔ながらの知恵がつまった衣服や住いの具体例を紹介します。」と書かれていますが、まさにこの本の内容が凝縮された見出しです。

IMG_7468[1]
豊富なイラストと共に熱画像まで入った「絵本です」。
絵本的な大きさと薄さなんですが、内容はすごく濃いです。環境を考える設計者や住い手、学生さんにも読んでほしい1冊です。しかも、巻末には環境教育手法までしっかりとはいっています。よくぞこれほど横断的に全ての要素を分かりやすくまとめたなあと驚きの2冊。これから暑くなる季節、節電と叫ぶ前に、まず読んで、感じて、実行へ!オススメ本です。

この本の著者「鈴木信恵」さんとは、建築学会の「設計のための建築環境学 みつける・つくるバイオクライマティックデザイン」を出版するときに一緒に活動していました。両方一緒にセットで読みこむと理解が深まり世界が広がります。鈴木さんの活動がどんどん発展していることが伺える2冊です。

鈴木さんとは、私が学生時代にまちづくりを研究している時、世田谷区でのワークショップで同じグループだったときからのお付き合いです。その頃からスケッチを活かした表現が上手で、世界各国いろいろなところへ旅している方でした。しばらくして、環境建築、環境工学の分野への仕事を学びすすめているうちに、また久しぶりに出会いました。またまた同じような方向性での出会いです。御縁だなあと常々感じ、刺激を受けています。そんな経緯を含めてこの本を読んでみても、イラストを豊富に、世界各国の住まいや暮らし、環境工学的な側面、環境教育の要素とまさに、鈴木さんならではの表現とデザインがまとまっていると感じます。すごい!

また刺激受けました。あらためてじっくり読んで自然を活かす取り組みへつなげていきます。

【ほるぷ出版から出版されています】
スポンサーサイト

緑のカーテンと生ごみ堆肥化方法がキーワードでした

1007081

最近、市の環境審議会が続けてありました。委員なので宿題も提出して出席してきました。市の環境基本計画を時代に合わせて更新するために、委員から意見などをあつめるという内容です。

宿題の内容を整理したり意見を聞き、発言する中であらためて勉強になることがたくさんあります。
専門的になりすぎて、あたりまえに思っていることが、実は全然認知されていなかったりします。そこから、まだまだきちんとした環境情報を発信する必要とニーズはあることが伺えました。

まず、緑のカーテン。グリーンカーテン。都市部の方がニーズと場所の関係上認知度は高いかもしれませんが、緑の多いいわきでは、まだ認知度も低く、またなぜ緑?どういう現象と効果?というあたりはもっと情報発信が必要だと思いました。

次に、生ごみ堆肥化。ゴミの循環というテーマは非常に興味度が高いようにも感じましたが、無理して循環させる方法ではエネルギー消費を高めることにつながる可能性もあります。購入機材や家電製品を購入しなくても、生ごみが分解される、臭気が出にくい方法があることをきちんと情報発信する必要があることも分かりました。

というわけで、これからこの辺の情報もきちんと整理して情報発信したいと思います。こういう情報や環境教育手法があるのですが、分からないので活動も始まらないような気もします。

これから暑い夏を涼しく過ごすための「緑のカーテン」や農ある生活に必要な「生ごみ堆肥化」どちらも得意分野です。現在も日々循環中です。

2本の煙突の話

バイオクライマティックデザイン小委員会の活動で、その道のプロフェッショナルなお二人にお話をうかがってきました。住い・家づくりにおける、自然の活かし方、設備設計の考え方など、バイオクライマティックデザインとは?を考えていくためにとても刺激的で勉強になるインタビューをさせていただきました。

そのお話の中で、最も印象的だった「2本の煙突の話」。

住いづくり、家づくりを考えるとき、同時に住い手は、自分の生活を見つめなおすきっかけになると思います。そのとき、建築設計では常に、理想とコストの間を行き来します。

近年、エコという視点から、いきすぎたメカニカルなものや偏った効率を追求する視点が強くなる傾向があります。もちろんそういった「性能」を理解したうえで、住い手が考え・求める「生活の質」をどのようにデザインしていくかを考えることが大切です。どうも、最近の経験では、技術者というのはともすると、突き抜けすぎる危険性をはらんでいて、どちらかでなければだめだという回答になることもあります。

「性能」と「質」をバランスよくデザインする。
そのとき、たとえば煙突を1本だけしかつくらないのではなく、2本つくればいいのです。
さて、この2本は何を意味しているのか?
きちんとまとめたものは、バイオクライマティックデザイン小委員会の活動でこれからまとめます。

気になる方へ、参考図書をご紹介します。

100524

パッシブハウスはゼロエネルギー住宅」に、事例が掲載されています。


快適な住環境づくりのためのプロジェクト進行中です

建築学会のバイオクライマティックデザイン小委員会の打合せがありました。

ただ今、快適な住環境形成に関するプロジェクトが進行中です。あれやこれやとアイデアをまとめています。お楽しみに!

たくさんの人が集まって、一つのことをまとめていくときには、アウトプットがホントに大切だなあと感じることが多い今日この頃です。今回は、黒板に書きだしたり、ビジュアル的なデザインしたものがあることで、イメージの共有化ができます。

思いやアイデアを形にしていく共同作業では、少しづつ形づくる大変さと面白さがあります。

ぼんやりと思うことがあるときは、ぜひ何かに書き出してみるとだんだん楽しくなっていきますよ。と書きつつも、分担をしっかりやらねばです。

エコハウス事業の最終報告会でした

昨年度窓口担当してきた、環境省エコハウスモデル事業が国内20地域で無事竣工したので事務局での最終報告会がありました。
1004191

1004192

各地域それぞれの考え方でエコハウスがつくられ、その表情も20地域それぞれです。詳しくはHPコチラをどうぞ。

各窓口担当者さんのお話から、写真や文章からは分からない、その立地環境の日射量や積雪量、冬の寒さ具合、地域の建物のつくり方の考え方、住い方が伺えました。地域風土、文化があるように、地域建築・住文化があります。

自分も実際にいわき市に住み年間を通した季節の変化を体感すると、この地域の住いは開口部多めで青空見えて、日当たり良いといいなとか、冬も緑(ホウレンソウや長ねぎ)を感じられる気候とか分かってきます。同じように、エコハウスとして、省エネルギー性能についてもこれから各地域の省エネ・快適な住環境文化が蓄積されていくといいなと思います。
TAG :
環境省エコハウスモデル事業
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。