スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家改修食事処と建具と

R0031456_R.jpg

先日、九州へ出張行ったときに偶然みつけたのが古い日本家屋を改修して和食店として営業しているところでした。最近あちこち出張していて、同じような改修飲食店に巡り合う確率が高くなっている気がします。こういう分野が一般的になってきたのかもしれません。

しかし、床座だった空間を机座へ変更すること。ふすまで仕切って使っていた空間へテーブルを並べ使うということは案外難しく、違うお店へ行ったときは、他の机との距離感や鴨居だけが机の配置と関係なく存在していたりと、何とも居心地の悪さを感じたこともありました。

この写真のお店が、いいなと思ったのが、このフスマ間仕切りです。鴨居のほぼ中央に大半の部屋の間仕切りは寄せてあります。だから店員の方も料理を運びやすいし、お客さんもある程度仕切られているので居心地良く、だからと言って閉じすぎず、コーナー部分でつながっていて、外の景色も見えます。

すべて撤去せず、閉じてしまえば個室にもできる、ふすまの魅力を改めて感じました。
古い建物をリフォームする方法も大切ですが、使い方までうまく考慮できないとだめだよなあという体験をさせていただきました。ランチの方も居心地の良さ同様に美味しかったです。

スポンサーサイト

築30年中古住宅の床下点検と貯蔵30年ワイン

築30年代の中古住宅となんだか縁があります、最近。
おそらく、床下が土土間の場合、床にガタが来るころだったり、傷みが出るところはだいぶやられる時期の場合があります。もう一方で住い手が高齢化し家を手放す場合もあります。

今回は90歳に近いおばあさんが住まわれている平屋建て住宅の診断。
震災で浴室の外壁がはがれたので、大工さんに直してもらう前に、第三者的に、設計者的にどうすればよいかということで、見に行ってきました。

浴室の外壁はシロアリと結露による腐朽がセットでモルタル外壁が落ちていました。おそらく、すぐ直せそうな感じです。シロアリ駆除も以前したことがあるということで、ひどく蟻害にあっている感じでもありませんでした。

天井を見ると雨染み。雨漏りがあるということだったので、押入れから天井裏を覗いてみると、
1107181

奥の方、北側の天井裏が朽している様子が見えます。小屋裏の通気はよさそうなので、おそらく勾配が緩く北側で、屋根材が劣化しているため、乾きにくくなり腐朽している様子が伺えます。

そして、床下チェック。台所の床下収納を外してみていると、蟻害は多くなさそうなのですが、湿度が不思議と高い。なんでも昔は湿地系の土地だったとか。含水率計で束を計測すると40%以上でした。驚き。だからといって、打診してみましたが腐朽が大きく進んでいる様子もないようでした。不思議な環境でバランスを取っているのかもしれません。

しっかりリフォームするのなら、床の湿度対策と張替え、屋根の張り替え提案しますが、ここがリフォームの提案で考えることが必要なこと。住い手が高齢ということ、将来的な使い方は未定。それならば最低限の応急処置とバリアフリー対応が優先的。リフォーム工事が長期化するとこれも住い手のストレスになります。

震災の応急処置以外は、トイレを広くしバリアフリー化という内容に落ち着きました。取捨選択とプランニングが専門家としての提案力になります。

1107182
床下収納からは、建設当時にもらったというワインが埋蔵されていました。お酒を飲まない方にとっては、ずーっと置きっぱなしだった代物。いらないからあげるよ、ということで一本頂きました。1981年もの。どんな味がするのか?怖くて開けられません。けど、楽しみ。

洋服・着物のリフォーム いわきで洋裁教室

1102061

リフォーム。住いだけではなく、洋服にもリフォームデザインの世界があります。
この洋服は、着物をリフォームしたものです。
普段着なくなり、箪笥でねむりがちな着物を洋服へリフォームすると、着こなしやすいものへ変化します。こいうリフォームデザインの世界があることを最近教わりました。しかも昔のよい着物は本当に生地がよく、デザインが美しい。だから洋服になってもいい雰囲気が現れます。

しかし、活かすも殺すも技術次第はどの分野も変わらないようです。そこに洋裁の技術があります。この洋服をデザインし裁縫されたのが、いわき市在住の STAZIONE 星野フクさんです。

1102062クリックで大きく詳細が見られます。

今回、洋裁教室を始められるに当たり、広告のお手伝いをさせていただきました。長年培われた確かな技術によるデザイン。業界で有名なMさんのデザイナー会員ということがわかる写真映えです。

星野さんは70代。とても活動的で、しっかりとした仕事をされる方で、お話を伺い洋服をみせていただき、デザインや物をつくることの姿勢が勉強になります。時代は変わるが常にポジティブに技術を活かす。

まだまだこちらも磨きをかけて挑み続けなければならないと感じる今日この頃です。

きちんとした情報が必要です何事も

110204
先日、旨い鶏料理いただきました。いやーこれほどバランスよく旨い鶏料理食べさせてくれるお店がいわきにあったんですね「ちゃぼ」さんです。ホントに焼き鳥がふっくらとしていて旨い。3代目は謙虚な発言でしたが、技術あっての味わいでした。

最近、ホントにご縁でいろいろな方と出会えて、ためになる会話ができることに感謝です。ちゃぼさんに出会えたのも、とあるデザイナーの話を聞きたいがために参加した講習会でした。そこへは、中小企業の経営者が集っていて、よく顔を合わせて話をしていたこともあり、今回は実際に噂の鶏料理をいただく会が催されたのでした。

そこで、多様な業界の方がいたのですが、住いの話というのはやはり皆さん何かしらあるもので、新築時の話、古い家の話、メーカー系の話などどんどん出てくることに驚きでした。

そこで、いろいろ話していて感じたのは住いに関するきちんとした情報へほんとにアクセスしにくいということでした。誰に聞けばよいの?この住いの状況をどう判断してよいの?

いろいろな話を聞いていて、専門的な視点からもそれは怪しいという回答を得ていることが多いことに驚きです。また、インターネットで調べると洪水のごとくいろいろな情報が検索されそれ自体どれを信じてよいのか?となるとのこと。

本当にその通りだと思います、こればかりは自分で自分の建物へ向き合わなければ経験できないことです。だからこそ、私自身も仕事を通して学んできた建物のつくり方、熱性能、維持管理、耐久性、DIYのこと等をもっと分かりやすく伝えていかなければ、変な情報が多い怪しい業界と思われる危険性を感じてしまいました。しかし、こうやってネット上に書く情報自体もまた判断の対象になり、時には怪しいと思われるかもしれないことに難しさも感じます。

鶏料理も食べてみなければわからない。と同じように住い、建築の空間も体感してみないと分からない部分も多いわけで、何事もメールだけではなく会って話をしてみて、よければDIY改修中の中古住宅を見て感じてもらうしかないかなとも思えた会合でした。

キッチンスタジアムに行ってみたい

1011213

農商工連携の講座で、ヴィライナワシロの山際さんのお話を聞いて、すごい人がいるものだなあと思い帰って来てから、お話の中で気になっていた「キッチンスタジアム」をホテルのHPから探し見てビックリです。

発想と行動力とつながり、展開がすごいとHPから伺えます。
何がすごいのか、大広間のステージをオープンキッチンに改修したことなんです。しかも、厨房機器のレイアウトも含めスタッフの方で考え決めたあたりもさらにこのキッチンの魅力を高めていることを感じます。

普通、建物の改修を考えるとき、設計する立場が使う立場の方へいろいろとヒアリングしながらデザインをまとめていくことが多いのですが、使う立場の方から発案するとこれほどの改修案ができるというアイデアの強さを感じます。いくらオープンキッチンにして、あまり利用率の高くないステージを活用し改修しましょう、とデザインする立場から提案しても、使う立場の方々が主体的でなければ成り立ちません。

しかも、この改修によりおそらく、大広間の利用率は格段に高くなり、地産地消のコンセプトでの料理イベントや研修なども展開しやすいだろうなあと思います。食と場所の新たなマッチング。地産地消、資産としての環境の活用デザイン、経済循環、こういう感じこれから大切です。農商工連携ということで商品開発・首都圏営業がよく言われますが、農が活き、食の展開ある環境と企画のデザインの連携であり、同時に思考することがやはり必要なんだということが、再確認できてうれしい限りです。

はやく、見に行きたいけど、年末、年度末いろいろやること山積みです。
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。