スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地域力(エネルギー)を高めるデザイン つなぐ」長野県高森町にて

IMG_3349_R.jpg

ちょうど2か月前になってしまいましたが、長野県下伊那郡高森町へ行ってきました。久しぶりの山脈と川の風景。変わらない定食屋さんの味。前職時代、数年間仕事で通っていた第三の故郷です。その当時お世話になった方から、役場の議員さん向け勉強会の講師として来てくれないかとお誘い受けました。ありがたいです、また高森町へ行けるということが何よりうれしかったです。

これから、長野県ではリニアモーターカーが開通する予定があり、今後人口の流入や流出はどうなるのか、震災以降の再生エネルギーについて、名産品である市田柿をPRしていく、などなど、いろいろこれからへ向けて、特にエネルギーや地域のまちづくりなど震災のことも含めて話をしてほしいということでした。議員さんに何を話せるのだろう、と思いましたが、気負わず、いろいろとつながりを話してほしいということのようでしたので、あれこれ考えつつも何とか資料まとめました。

IMG_3363_R.jpg

到着し、話し込んでそのまま話をして移動してしまったので写真はないのですが、15,6名くらいの議員さんの前で、「地域力(エネルギー)を高めるデザイン つなぐ」というタイトルで一時間半ほど話をさせていただきました。

震災と震災以降あれこれ取り組んでいることを再整理させていただくかたちになりました。
震災でしんどかったことと防災、そして現在の流入人口が多い状況は、今後のリニア開通にも通じるところが出てくるかもしれないこと。震災以降考えるべきエネルギーの質のこと。
これから地方ではエコリフォーム・リノベーションを推進することが結果的に地域経済とエネルギーの循環につながること。現在進行中のエコリノベーション歩花ハウスのこと。実は、前日に情報仕入れた蓄熱式薪ストーブの紹介もさせていただきました。
地域材を公共建築へ活用する公共木造技術支援のこと、材の調達方法からの検討。
省エネと農村建物の考え方、アグリエコステーションの考え方や畑のようちえんによる園児の巻き込み。

果物の産地なので、ineの会での農商工連携の取組や品種にこだわりあぐり市を開催するあおむしくらぶさんの取組など。

地方で考え取組んだデザインのイロイロを紹介させていただきました。恐らく多様な分野の議員さんがいらっしゃると思ったので、一つのテーマを深く話すよりはいろいろな情報があるほうがいいのかもしれないとも思い、様々な取り組みの写真やスケッチなどを140枚近くパワポで話しました。

今回、資料をつくって、話をして伝えたかったのは、どんな取り組みであれ「質」をどれだけ考えて取り組めるかということ。各種連携が必要なこと。コディネートすることが必要であり、その役割の認識が必要なこと。そして、地方にはたくさん宝があること。

質問で、農業の6次化ファンドのことを聞かれましたが、情報を把握しておらず直接的な回答はできませんでしたが、6次化、つまり農産物での加工品と販売でファンドというのは個人的には想像しにくい世界です。

そして、気になった質問で話し込んでしまったのは、果物がいいものできて、地元の主婦の会が加工したいのだが、農家の方とどのようにすれば連携できるのでしょう?やっぱりみんな集めて会議などをするとよいのかということでした。

ineの会の取組を少し話ましたが、なかなか伝えきれずすいません。ぜひ、いわきへ来て見て感じてもらえるといいなと思いました。会議というより、畑とか厨房とか人、素材なんですということを伝え感じていただければと思いました。

しかし、果物の長野県、加工品開発は盛んで、商品開発の情報もたくさんあります。きっと、すごいところがたくさんあると思います。時間があれば、調べてこちらがいろいろうかがいたいところでした。

IMG_3378_R.jpg

こちらは、帰りに案内していただいた、できたばかりの中学校です。木が内装にふんだんに使われています。

IMG_3385_R.jpg

地元の杉と桧が使い分けられています。地域材を子どもたちへ伝える。
木にこだわりある長野県で仕事をできたおかげで、木を使うことが当たり前と思っていましたが、公共木造支援で各地行ってみると、案外そうでもないということが分かり、長野で仕事ができた経験があってよかったなと感じます。

建築の質、木のデザインの質、エネルギーの質、いろいろ考えだすとこだわりたいところはたくさんあります。たくさんの視点から物事考えデザインする楽しみがあります。

IMG_3387_R.jpg

役場の近くから見下ろす伊那谷の景色も好きです。
久しぶりで、懐かしくもあり、改めて自分の取り組んでいる仕事を振り返り、次を考え、地方では何を考えていくべきかをまとめ、話をする機会を与えていただいたことに感謝です。

この時期、エコ改修した小学校の桜が見ごろです。見に行きたい!

スポンサーサイト

Ustreamで映されていると思うと、微妙な緊張感がありました。エコトークセッション。

11092611

UIA2011東京大会関連イベント「エコひとづくり、エコまちづくりの実践」トークセッションへ行ってきました。

トークセッションのテーマとメモ。

1.建築プロセスでのひとづくりと人の意識の変化
2.職能の力を再考、協働で取組むまちづくりを考える

・この事業は、「人づくり」がテーマ。プロも住い手も関わる人を育てる。
・専門家と一般の方が共に学ぶめずらしい参加型のプロジェクトだった。
・震災以降、これから環境とのかかわりを考えていかなければならない。環境とは広い意味があり、生き方にまる。これからは自然と仲良くなる日本。を世界へ発信していくのはどうか。
・震災復興も含め、みんなで話し合って役割づくりができることが大切。その場をどうやってつくるのかが求められている。しかし、同じ席で皆が話しあうことが少ないのが課題である。
・都市のハードとインフラを考えるのは都市計画だけでは無理で、建築を設計する人間がきちんと考えて設計していかなければインフラの選択も環境の構築もできない。
・研究者や設計者はともすると趣味的になることは少なくないが、これからの時代は、きちんとした環境の性能を持たせられる技術力であり対応力が求められる。住い手や施主の要望を技術者として竹がしなるように対応してほしい。環境の時代、設計者はたくさんやることがあってたのしいはず。

登壇している自分自身、背筋を伸ばす思いで聞いていました。
仕事場に生えている竹に学ぶ!?

11092633

Ustream は【こちら】

私は、30分と1時間15分ぐらいに喋っています。エコ改修での効果や変化。そして震災体験による発見なども。

すごい皆さんとのトークセッション。前座として少し巻き気味にスタートしてみました。目の前で「マイクをもう少し離して」メモが印象的。しゃべりだすと、気づきにくいんです。お時間ありましたら、Ustreamも見てみてくださいませ。

第24回世界建築会議UIA2011東京大会トークセッションのお知らせ

1109154

第24回世界建築会議UIA2011東京大会 「2050 EARTH CATALOUGUE展」パネル展示とトークセッションのお知らせです。

これからの持続可能社会づくりにおいての住民参加型プロジェクトのあり方を問う。というトークセッションへ、私、北瀬もパネラーとして登壇させていただくことになりました。

日時:9月24日(土)18:30~20:00
会場:東京ビルTOKIA1階 西側ガレリア(〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-3)
対象:建築関係者および一般の方
参加:無料
定員:100名 ※事前申込制(空席状況に応じて当日も受付)
言語:日本語(同時通訳あり)

申込方法・詳細は【こちら】

学校エコ改修と環境教育事業には、前職時代事務局として関わらせていただいていました。
この仕事では関わった自治体の建築や教育関係者、住民の皆さんへ省エネルギー化を促進するためにハードとソフト両方から様々な発見と学びを提供しながら、環境もつくるという贅沢な内容でした。
気がつけば関わりだしてから6年の歳月が流れています。
驚きなのですが、六年前は「エコ」という言葉はまだ一般的ではない時代だったんです。
「エコー」とか言われたり、書かれたりしていました。たばこではありません。

関わった自治体へいろいろと学びを伝える仕事だったんですが、私自身が多くを学ばせて頂きました。本当に感謝しているプロジェクトです。いわきへ移住しようとすぐに決められたのも、この仕事をしていたおかげです。自然が多いところの方が自然のエネルギーを活用する生活や環境をつくるのには最適だからです。実際に住んでみるとその恩恵は想像以上に与えられ恵まれています。

登壇者紹介して頂いている写真は、HPにも使っていますが実は個人的には貴重な写真で、しわが増えるまで使いたいと考えています。震災が発生する約2カ月前に、今は全く様変わりしてしまった沿岸部でたまたま撮影した写真です。よく気分転換にぼんやりと海を眺めに行っていたのですが、最近はそうはいきません。

持続可能な社会をつくるという大きなテーマが問われています。
福島で生活する一人として、持続可能な社会を願って、できること、実践中です。


情報の流通あるOB会です

100608

大学の三井所研究室&原田研究室OB会がありました。毎回、学生とOBの実務からの話の2本立てです。
学生からは、シナ合板を筒状にしてクリップ留めしてドーム状の架構体を制作した取組みや研究室の取組みをプレゼンです。先輩もいるので、プレゼンの練習になっているかもしれません。
大倉先輩からは、自立循環型住宅のダイジェスト版の説明です。2時間に圧縮していただきました。最新情報として、沖縄エリアでは断熱材を用いない方が、温熱環境はよく日射遮蔽が有効ということは初めて聞く内容で勉強になりました。

講義のあとの懇談会もおもしろい。学生はやはり、就職のこと。どの分野へ行くべきか?どこに就職口があるのか?一方、大企業の先輩からは建設業の海外進出の話。これもまた、どの分野へ事業拡大か?どこに顧客がいるか?ということになり、自分も含め下の代も上の代も「仕事」への関わりや模索について結構気兼ねなく話ができて、聞けるのがOB会の魅力です。
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。