スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーフボランティアさんに感謝。また、いわきへ来て頂けます!

1109052

現代農業さんに「草とり土とりプロジェクト」の内容を掲載いただいました。
ありがたいなとつくづく感じます。

本当に、様々なつながりのなかでモノゴトが展開していきます。
今回ineいわき農商工連携の会で募集しているハーフボランティアさん。
お盆を過ぎて落ち着いたかなとおもいきや、また行きますよ!農作業など未経験ですがかまいませんか?女性なので足手まといになりませんか?お問合せを頂きます。自然体験と共に何かできること。そして、何よりも、いわきに来てくれること!がありがたいと思います。

東京へ仕事へ行って、よく、落ち着きました?と聞かれます。
いつも回答に困ります。落ち着いているようですが、対外的な反応からは落ち着いていないなと感じます。

原発災害という理由から、福島県へ来られない方がまだまだいます。来る必要があるというのではなく、この反応から様々な背景が浮かび上がるからです。いろいろな判断があるからとしか言えません。
来て頂ければ、なーんだという反応が多くあり、そして何よりも最近うれしいのは、心配して頂きつつもまた来て頂けるということ。私だけではなく、ハーフボランティアさんを受けいれたineの会の皆が同じようにうれしく、こんな山奥で、手がまわらず草だらけでもいいのか?といいつつも、皆で連絡を取り合いながら、受け入れ態勢をつくっています。

そんな、受入れをしている遠野の折笠農園さんとハーフボランティアさん受入れの調整連絡をしていて、改めて地震の影響はまだまだ残っていることを知ります。
4.11の地震の後、折笠農園さんのある為朝集落の井戸水がでなくなりました。その水で生活していた14世帯は断水生活のまま今日に至ります。国へ問い合わせたところ建物等の地上物ではなく、地下のものなので支援できないという回答。水道を引くかといえ、2千万円かかります。市などが半分ほど補助して頂く目処は立ちましたが、残りの工事費をどう工面するか。
高齢世帯も多く、迅速に水道通水工事の目処が立ちません。そのための作業をするだけで、農作業などの遅れが出ます。
課題をどう解いていけるのか。アイデアは生まれました。しかし、一つづつ実行していく人材も必要だと思います。

とにかく、自分自身仕事が詰まりすぎているので、ハーフボランティアさん、農作業体験を募る仕組みの強化などなどをine事務局スタッフと進める方向です。

2011年10月号現代農業 おもしろいですよ。ぜひ、購買お願いいたします!
スポンサーサイト

夏休みに 福島県いわき市で 農 ハーフボランティア 体験してみませんか?

1108101

いわきの地産地消復興「草とり土とりプロジエクト」をineいわき農商工連携の会で取組んでいます。
できる限り旬な情報と、ボランティア受け入れ先の紹介、体験の様子を【こちらのineblog】にアップしています。

夏休みに入り、お盆休暇にボランティア行きまーす、行ってみたいんですが。という問い合わせを頂いております。

暑い中、いわきへお越し頂けることに本当に感謝です。

最初は、除線的な意味合いから敬遠されるかと心配していましたが、お越し頂ける方のコメントからは、「被災地ボランティアもしたいが農業体験や自然体験もしてみたいので」という感じでお越し頂いているということも聞き、ありがたいなあと。活動しはじめ、お越し頂いた方からのコメントからヒントを頂いています。

農業のサポートもとても助かるんです。福島の野菜が売れるのかどうか?悩ましいところですが、お越し頂いて見て聞いて、体験して頂けると、今の福島の畑のこと、農業のことを感じて頂けて、食べていただけるのではないかと感じています。

農業体験や自然体験プラス食事等が提供できるハーフボランティアをこれからも募っていきたいと思いますので、参加者募集中です。また、受け入れたい!といういわきの農家さんなどの情報もお待ちしております。一つでも多く、この取り組みから畑と人のつながりがうまれると、いーね!と考えています。

畑の草とり土とりリフレッシュと放射線量の変化?

1107231

近頃缶詰状態で図面作図や草とり土とりプロジェクト対応。
気分転換は、自分のとこの畑の草とり。
草に覆われたニンニクが育ちすぎてやっと収穫。たっぷり食べられるので元気出ます。

今日の福島民報で新潟大学の土壌の先生の話が書いてありましたが、草は伸ばして切るのが線量下げるのにはよいとのこと。自分たちでやってみてもその通りだと思います。

やっとと手に入れた放射線量計で測ってみて?と思うのは、5月ごろに借りてこのあたりを測定したときと傾向が異なるということです。以前は地上一メートルのところと畑の上は大きく差があったのですが、今はあまり差が出ない感じがします。地上一メートルで0.35~0.4。もちろん、以前草を刈り取った畑の上は低い感じです。地表10センチで0.3~0.35。木々の生い茂るところは以前0.6台だったのが0.5台に下がっています。

だいぶ、雨水で流されたことで線量が均質化しているのかもしれません。けど、長く伸ばした草を刈っただけでも畑の線量は下がります。今年は、伸ばして刈る日々が続きそうです。

仕事場畑に草とり土とりにいらっしゃいませんか~?風呂と宿泊可能です。

私のところより、ine いわき農商工連携の会のメンバーのところ優先で、ハーフボランティアさん受け付けています。夏休みに来て頂けるという連絡があり、草とり土とり実施会場も増える予定です。

【詳しくはいわき農商工連携の会BLOGへ】

いわきの農をレポート中です!

自分の仕事場で草とりプロジェクトです

1106191

しばらく放置していた仕事場の雑草たちを梅雨の晴れ間に一気に刈り取りました。
そして、一輪車にたっぷりと、刈った草を山盛りです。
去年だったら、喜んで畑の草マルチにして肥料へとうれしい作業だったのですが、今年は残念ながらそうはいきません。文句言っていても放射線量は減らないので、自分の仕事場の草刈り後は一人で草とりプロジェクトです。

ただひたすら集めて、敷地の端っこの方へ集積。どんどん山盛りになります。
ほんとに残念ですが、少しでも放射線量を下げるためのできること。気休めかもしれませんが、放射線測定器で測ってみると数値は下がります。だから、できることを少しづつ。自分でやってみて、一人でやっていると時間がかかるなあと実感します。

だからこそ、ハーフボランティアを募集したりしています。
1106192
詳しくは【こちら】をご覧ください。

野菜の安心づくりや子供たちのための安心づくりへ。原発被害復興には公有地私有地関係なく広くできること、減らすことがあると思います。広すぎて大変なんですが、畑や人が集う場所、幼稚園や学校などすこしづつできるといいのですが。
参加者募集中です。

CFW-Japan の皆さんと意見交換させて頂きました

キャッシュ・フォー・ワーク(CFW)とは、被災者を復旧・復興事業に雇用して、賃金を支払うことで、被災地の円滑な経済復興と、被災者の自立支援につなげる手法です。(CFW-Japan HP より

CFW-Japan 呼びかけ人 永松先生(関西大学社会安全学部准教授) と関谷先生(東洋大学社会学部 メディアコミュニケーション学科准教授)、梅本さんがいわきへお越しくださいました。

いわきの被災状況視察と現地で農商業者との意見交換会を行いました。

1105191

久の浜では、ちょうどお昼休みだった漁業関係者の方へのインタビュー。現在の作業内容や震災直後の内容を伺いました。

1105192

駆け足で申し訳なかったのですが、小名浜港も見て頂き、意見交換会へ。
急な会の開催でしたが、かけつけたメンバーのそれぞれの被災状況や経営状況、風評被害状況などなど報告や課題をざっくばらんに話させて頂き、CFW-Japanの皆さんからはそれぞれの立場からアドバイスなどを頂きました。

「日本はひとつ仕事プロジェクト」などを活用し、被災地で仕事をつくることを、被災者がアクションを起こし仕事をつくることを教えて頂きました。

何よりも被災地外から来られた方の視点を、被災地側が聞くことでの発見、またその逆もあり、そういった二つの視点からあらためて、いわき市の被災状況は何なのか、何をどうすべきなのかということが、ブレーンストーミングされていきます。ちなみに、4.11.はいわきでしか通じないことも発見です。

被災地に雇用をつくり、フリーズしている雇用が復興するまでの「つなぎ」をつくり、地域経済を「つなげる」。こういった視点から私たちの課題を整理して下さったおかげで、みんながぼんやり思っていることが整理されていきました、そして挑むべき仕事づくりプロジェクトの輪郭がみえました。しかし、そのためにはこれから多くの調査と検討と折衝、参加者が必要になりそうです。

なぜこんなことをしているのか?
地域経済を動かす仕組みなくして、復興まちづくり・建築づくりはできないと感じているからです。あたりまえのようですが、いわき市へ移住して来て強く感じているからです。地域経済を動かす仕組みのデザインをしなければならないのです。

松永先生、関谷先生、梅本さん、移動中も多くの示唆をいただき、また話の長い意見交換にもお付き合い頂きありがとうございます。どう展開するかはわかりませんが、「被災地で仕事をつくる」ということ、「つなぎ」の意味を何らかの形で展開していければと考えています。
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。