スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザインの活力が湧くエコ村見学

1201273

「小舟木エコ村ものがたり」という本を読みました。
エコのつく建物やまち系のものは仕事柄、書店などで目を通しますが、こちらの本をさっと見て感じたのは、ちょっと違うけど普通な感じがいい感じ、という感想でした。よく、エコということで極端になる場合が少なくありません。いい意味で普通な感じというのは、無理がなく、共感できる幅が広く、続けやすいということが何よりもエコにつながると思うからです。

エコ村をつくろう!ということで人が集まり、様々なWSや視察などを繰り返していく中で、様々なアイデアを実現化へ進めていったこと、しかし現実的には思うようにはいかない法制度への対応なども書かれています。その雰囲気を実際に見てみたいなと思っていたところ、たまたま名古屋出張の仕事があったので足をのばしました。

1201272

実際にまちを歩くとハウスメーカの家も多数建ち並び、一見、普通の宅地分譲の戸建てニュータウンか?とも思えないことはないですが、目が慣れてくると普通とは異なることが分かります。庭先に、畑があり、垣根や花の代わりにキャベツなどがなっています。
1201271

だんだんわかってくると、不思議な街並みということがわかります。

事前に申し込むと、小舟木エコ村の関係者の方が案内してくれます。

今回は、当初から関わられている、飯田さんにお話を伺えました。実施にお会いできると、どのような思いで立上げ関わってきたかというプロセスを伺えてよかったです。何より気になっていた「普通ぽいけどいい感じ」がする理由は、エコ村ですが、精神ではなく生命の関わりを考え取組んできたということを伺えて納得です!

自然の営み、循環の一部を住環境につなげられるデザイン、地域のつながりもできるハードとソフトの仕組みづくりに取り組まれてきたいい事例だと思います。事業ですから理想と現実はもちろんあります。

そしてまちづくり、エコ、コミュニティ、エコな住いづくりなどといろいろ脱線しながら話している中で、「コミュニティデザイン、ソーシャルデザイン」という言葉を学ばせて頂きました。実践している方から伝わる言葉には威力があります。

いろいろと学びが多い見学をさせていただき、次のデザインへの活力が湧きました。


スポンサーサイト

リサイクルアート トンバイ塀

1005181

有田の焼き物店が並ぶ大通りから路地を奥へ進むと、「トンバイ塀」のある通りがあります。

1005182

軟らかく、力強く、土を感じる塀です。
トンバイ塀は、焼き物を焼くための登り窯を解体した、煉瓦などを解体して赤土で固めた塀なんです。土を固めてつくったレンガが登り窯になり、そして塀になったリサイクルな塀。もし、解体した場合、次はどこに使われるのだろうか?庭の舗装につかったり、花壇にしたり、薪ストーブの背面の蓄熱壁にしても味わいがありそう。

素材がイメージを膨らませてくれます。

そして、当初は同じ形だった煉瓦がかけたり、微妙に色が異なるもの、高温の熱で表面が焼き物のようになっているものなどが積み上げられ、似ているようで異なるものの集合体のおかげで、表情が豊かな塀がまちの景色をつくっています。

遠くから見ると似ていて、近くから見ると異なる。
これが豊かな表情をうみだすデザイン。そして、リサイクルが秘訣かもしれません。

有田のまちなみ 15年ぶりでした

1005161
九州は有田へ行ってきました。有田焼で有名なまちです。
このまちは、僕にとって建築やまちづくりを考える原点となっているまちなんです。

師匠である、三井所清典先生(アルセッド建築研究所)が当時、有田のまちづくりに係わっていて、どのようにまちづくり・建築づくりをしているのかということを授業でスライドを使いながら話されていたときに。「あ、これだ!」と自分の中で、建築のデザインを考えるべき方向性やものごとの考え方にぐっと引きこまれた瞬間がありました。それから今に至るわけなんですが。

学生時代に研究室の仲間と訪れたときから15年ぶりでした。
しっくい壁がきれいで、「まちなみ」という言葉がぴったりな景色です。
もう、15年前の記憶は定かではないのですが。(当時は前夜に皆で飲みすぎて肝心の見学会は全員朦朧としていて…)時間の経過とともに自然に古びる「素材感」の大切さを感じました。
漆喰壁、板壁、石、有田焼のタイル。古くなってもいい感じ、自然な感じ。そして、そういうことを意識しながらデザインすることの大切さ。

時間、素材、風土、デザイン。初心に帰る思いでした。

木幡の幡祭りのイベントの仕組みはまちづくりてきにも魅力的

先日の東和町見学のときにちょうど木幡の幡祭り木幡の幡祭りでした。お祭りに参加し幡を持たせていただき頂上まで登りました。

0912151

青空にカラフルな幡が映えます。

0912152

細い山道を民家や畑、見下ろす集落の風景を楽しみながらゆっくりと登っていきます。普段は車で通るだけでこんなにゆっくり歩くことはないだろうなあと思いつつ、これがお祭りの魅力です。

0912153

神社に着くまで、幡を持ち行列している方と、写真撮影をしている方どちらの人数が多いのかわからないくらいカメラを持った方がたくさんいました。絵になる魅力的なお祭りです。

お祭りに参加して山歩きをして、自分でもついつい写真撮って気づいたことは、このお祭りのイベントの仕組みはすごい!よくできているなという事です。まちづくり的にもすごいと思い図にしてみました。

0912154

①イベントが3つあること
②それぞれが、その場所の特性を活かした雰囲気で楽しめること
③絵になる景色と写真コンクールの連動で集客力があること
④祭りとしてねりあるくことで、じっくりとまちを体感できること(途中で飲むお神酒もいい感じです)
⑤祭りの後は、酒の酔いをさましながら下り坂をあるきながら山裾にひろがる景色を楽しみ帰れること

参加して体感して分かる楽しいお祭りでした。
景色のよく傾斜地のまちでのまちづくりイベントとして活用できそうなアイデアがたくさんありました。

ワークショップでこちらも食と農でした

091121ws

いわき市地球温暖化対策実行計画策定市民WSがありました。
今回は、参加者でいわき市の課題や気になる点をポストイットを使ってグループでの意見抽出を行いました。明星大学の学生さんも加わり、幅広い年齢層で「環境」の話が広がります。

温暖化対策での課題として5つのカテゴリーが設定されています。
・新エネルギーの利用促進 ・まちづくり、緑化 ・廃棄物、ごみ ・省エネルギーの推進 ・なんでもOK

みんな、いざ「課題」を出すとなると筆が止まります。ここでの発見。すぐに解決策を書こうとしてしまうことが分かりました。こうしたほうがよい。こういう案がある。そこを踏みとどまり、一歩手前の課題を考えるという思考のトレーニングになりました。

いろいろな意見が出た中でやはり「いわきらしさ」が感じられました。その中でも、東京都内での区主催のWSにはよく出席していたのですが、まちづくり、緑という項目が東京ではダントツに多いのですが、いわきでは少ないという結果があたりまえに出ていたことが発見でした。

しかし、緑から農へという一連の流れがグループでは課題抽出されました。以下議論の流れです。
①緑のカーテンがあまり普及していない
②子供への環境教育は効果があるが、あまり取組まれていないのでは。
③ごみの分別が大変だ。
④子供たちへの環境教育の催しなどを行ったときの昼食の食べ残しが多い。
⑤食育と環境教育が一体的に関連付けられていない。
⑥お米をつくる水田が減っている。夏場の温度が上がっている要因の一つだ。
⑦農業従事者が減っている。
⑧広いいわき市、下水道と浄化槽の設置の課題。

温暖化防止・環境のワークショップでも食と農と環境の「つながり」の必要性が議論されました。
今、個人的にも注目のテーマです。少しづつ、一つづつ「つなげるデザイン」取組みます。
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。