スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押入れの一番下の床軟らかいんです:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

1階の押入れの一番下の床がふかふかと軟らかく、かつ少ししっとりとしているんです。
今までの解体経験からおおよその原因は分かります。おそらく、床下が土なので水分が蒸発して来て床部分をソフトにしているのではないかと思い、とりあえず1ヶ所解体してみようと思いました。
1011141

丸のこ、バール、のこぎりを準備します。床が軟らかいので、バールをえいと突き刺せばバリっとこわれました。

1011142

想像以上に、簡単にバリバリと床がはがれます。やっぱり床下は土でした。丸のこの出番はないようです。それもそのはずです。

1011143

床は薄いラワンの積層合板だったので、長年の湿気のせいで薄い合板の板同士の接着力がなくなっていたわけで、分離した薄い板がフニャフニャと剥がれます。これを見ると、床下の防湿処理の大切さと合板のもろさを感じます。年月と素材の耐久性能。劣化状況から、工法と素材の活用方法が学べます。

リフォーム方法としては、シートばりを行い、杉板張りか欲を言えば桐板張りにしたいところです。
リフォーム関連情報はこちらもどうぞ
スポンサーサイト
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

床から涼しい土間冷却効果:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

まだまだ日中は暑い日が続きますが、涼しく過ごす住いの見方、感じ方のご紹介。

シロアリだ!とビックリして床をめくってまたびっくり、土だ!
確かに、民家なんかは土だし、基礎自体がほとんどなく、束石の上に柱が乗っかっているだけだったりするので何も不思議ではないんですが、基礎の土間にもコンクリートを打つことが一般的になっている今日この頃では、驚きます。

土土間からのシロアリ防止や上がってくる湿度を防止するために、コンクリートをうつリフォーム方法もあります。確かに一理あると思いますが、現実的にはケースバイケースでいろいろあります。

シロアリについては、コンクリート打ってもシロアリの通り道になってしまったら彼らには関係ありません。ハグハグとかじり続けて登ってきます。これは、シロアリの師匠を始め様々な調査事例からも確認済みです。コンクリートだから安心ということはありません。また、床高が低いのにコンクリート打つと床下にもぐりこめなくなる場合もあります。じゃあどうすればいいの?ということはまた書きます。

湿度については、確かに梅雨時に家中を閉め切っていると湿度が高く80%を超えることもよくありました。これは、周りに緑が多いことも影響していると思いますが、土土間からあがってきていると思います。

では、悪いことだらけか?というと、初夏のころや最近などの夜が涼しい季節になるとうれしい効果があります。
まずは、こちらの写真。
1008111
南向きの部屋の床温度を測ると29.1度。土土間の上に畳敷きです。

もう一つは、
1008112

先程の部屋と続きの間の北向きの部屋の床温度を測ると、27.6度。土土間の上にフローリングです。

室温は30度くらいなんですが、フローリングの部屋に椅子と机を置いて座ると、足元が涼しく想像以上にひんやりと快適に過ごせます。

これは、夜間に冷やされた空気が土土間を冷やすので、その冷たさのおかげでひんやり感、涼しい放射環境が生まれているんです。それともう一つ、床が畳よりフローリングの方が、冷たく感じやすい素材ということもあります。

暑い中、住いの中で涼しいところとその自然の効果を考えてみると楽しくなります。
しかしこの効果は、最近の基礎を断熱して外気を入れない工法や、床に断熱材を入れると味わえない効果なんです。そう、その反面冬は底冷えして大変だということでもあります。さあ、どっちをとるか?

少しづつ、できるところを考えながら、夏の部屋、冬の部屋というのも考えると面白そうと思いながらリフォーム方法と場所を検討中です。関連情報はこちらもどうぞ。

TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

床下は土でした。そして蟻道発見!:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

バールを使って荒床をはがしてみるとそこには床下空間が現れます。

100805

床下は土でした。昭和50年代ころの住宅は床土間にコンクリートを打つということがなかったので土が基本です。そして写真中央のコンクリートのブロックに束をたてて、床を張るというのが一般的なつくりでした。

その束石をよく見ていただくと、一本の筋が。これが「蟻道です」。シロアリが活動しやすいように糞や土などを塗り固めてつくった活動通路なんです。「やばい、白蟻いるよほんとに。」とおもうのですが、ここでこの蟻道を壊すのはやめておきます。なぜか?現場検証のため、白蟻駆除専門の方が来たときに崩してみてもらうことが大切なんです。

そんなに悠長なことをいっていてもよいのか?はい大丈夫です。シロアリはそんなに早く沢山木を食べられません。手前の荒床結構食べられていますが、おそらく10~20年かけてこれくらいです。

手前の荒床は局部的に軟らかくなっているほどシロアリに食べられていますが、写真をよく見て分かるように、束やネタは食べられた痕跡がほとんどありません。試しにバールなどでたたいてみても「コンコン」と乾いた木の音がして健全そうです。シロアリに食べられていたら、「サクサク」とスカスカな音がします。

シロアリは軟らかくて湿度や温度などちょうどよいところを食べ続けるようです。この中で床板や畳が歯触り良く軟らかく食べていったということです。

この状況から分かること!
よく、防蟻処理といって柱や土台などの造材へ薬剤などを新築時に散布しますが、シロアリにしてみれば硬い構造材は通り道で、食べやすい下地材などへむかうということもあるということです。

中古住宅とシロアリいろいろあります。こちらもどうぞ。
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

畳を上げると荒床しかし蟻道!:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

1階の畳をあげてみてびっくり!
100804
縦横に蟻道、白蟻が食べ歩いた跡があります。
シロアリって正直。畳のピッチで荒床の木を食べた跡があります。

そうなんです。この中古住宅の1階の床などにはところどころ、シロアリが食べた跡がいたるところに見られました。そのために、床下を調べるべく畳を上げる必要があるということなんです。

シロアリは歯応えでなんでも食べてしまいます。だから木も畳も食べてしまうんです。シロアリの後を最初に見たときはめちゃくちゃ悩みました。そう、この中古住宅は大丈夫なのか?シロアリってどうなんだ??

今までの住いは北国だったり、コンクリートだったり、借家だったりするとあまり接する機会がありませんでした。別に出会いたいわけはないんですが。いざ、蟻道を見てしまうとけっこうやばいなあと感じてしまうんですが、実は白蟻の知識がないからだということが今だとわかります。

そして、床は荒床といって杉の板が隙間をあけたりしてアバウトに張り付けられています。それはなぜか?そう、畳は上の水蒸気を下へ送る通気性能があります。もちろん下から上へもあります。畳の上に布団を敷いて寝た後は、人間は水蒸気を発するので、こういう荒床から蒸気が抜けるという効果がありました。確かにいろいろめくってみると、通気性がよかったんだということも内部の木材の様子を見るとわかります。

そこからわかるのは、最近畳の下でも強度や気密を得るために合板を貼ることが多くなっています。もちろん荒床のような通気性能はありません。リフォームなどでそういう状態の畳をはがすと、しめっていたり、シミになっているということがあります。どちらをとるべきか悩むところですが、必要なことは定期的に畳をあげて虫干しするとか、せめて状況を確認するということが必要なんだと思います。

シロアリについての情報はこれから各部分の状況と共に解説し、どうするとよいかもお伝えします。何といっても心強い、白蟻の師匠に出会えたので最近は結構安心しています。

リフォームデザイン&ハーフDIY情報はこちらもどうぞ
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

畳の上げ方:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

昨年末に出会ったいわき市内の築30年代の中古住宅。
時間を見て現況状況を調査したり、調査するために劣化しているところを解体したり。少しづつやろうと考えていたのですが、だんだんと暑くなってくると最も劣化している水まわりを早めにリフォームしないと、解体作業や農作業の汗がどうにもならないので、一気に水まわりリフォームデザインし図面をつくり、工事をしてくれるところや、リフォームの素材を集めたりしていました。やっとめどが立ってきたので、ぼちぼちご紹介していこうと思います。

今回の内容は、中古住宅の劣化診断し、部分高断熱改修、自然素材、できるところは自分でつくるハーフDIY、ネットなどで資材購入などなど取組み中です。思考錯誤と理想と現実がせめぎあっています。

普段はデザインし設計し監理する立場が多いのですが、今回は自分が施主の立場でもあるので悩み事はつきません。しかしそれ以上に発見もたくさんあり、楽しくもあります。

なによりも、自分で考えて調べて、デザインして、つくってみると愛着がわくし、建物の構造・つくられ方が分かり今後の維持管理のしやすさにつながります。近年の新築住宅は、密閉具合が高く、時には点検がしにくい場合があったりと維持管理のしにくさから劣化が進む可能性もあることを考えると、オススメの方法だと実感しています。

そして、いざ自分でやりだすと「え?」こんなことも知らなかったということがたくさん出てきます。
まずは「畳の上げ方。」忍者ではないので畳をたたいても畳は上がってきません。

畳の上げ方100723

ドライバーなどを畳のヘリに差し込みぐいと、てこの原理であげます。
あげた後は床下の調査です。
今まで畳の生活が少ないことと畳を上げて維持管理する経験がほとんどないことを実感してしまいます。ためしに、畳をめくってみると意外な発見がたくさんあります。ぜひ一枚めくってみてはいかがでしょうか?
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。