スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床の解体は続きます:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

シロアリ調査と駆除も第一段階はお終わり、知識も増えると解体していてシロアリが食べた跡を発見しても安心できます。
蟻害が多かったカーペットの間は徹底的に床板を解体し貼り直さなければなりません。丸のこで床に切り込み入れて、大バールでてこの原理で合板ごと古釘を引っこ抜く作業を続けます。

古釘は抜けにくい!しかも力いっぱいひっこ抜こうとすると釘の頭だけ取れることが結構あって厄介なんです。古釘の抜けないやつはどうすればいいんだ?と考えていると、遊びに来た大工友達が「打ち込んでしまうんだよ」と一言。なるほど引いてだめなら打ち込んでしまえです。

1010211
しかし、時にはスッと抜ける部分が出てきます。そう、ネタがシロアリにほぼ食べられ釘がとまっていないんです。いいかんじで釘もさびています。床を歩いていてふかふかしている部分の下はこんな感じになっているはずです。

1010212

なんとかかんとか床板をはがした状態。ネタが部分的にシロアリ被害。束や大引きは無事です。食べやすそうな細い部材が先にやられやすい感じです。

解体は体力と時間が必要です。<リフォーム関連情報はこちらもどうぞ
スポンサーサイト

シロアリ調査と駆除の始まりです:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

さあ、床を解体する準備が整ったところでシロアリ調査と駆除の専門家の登場です。
「床下が危ない」という本で知った著者の方は遠いので同じ流派の方はいないのかなとHPを見させていただいていると、一番近いところで宮城県にいらっしゃいました。「サポート仙北の早坂さん」です。

いわきまで来てくれるのだろうか?と思いつつもまずは電話をしてみると、郡山市へもいっていますよとのこと。こちらまで来ていただけることになりました。
1010121
まずは床下調査ということで、コンパクトに整理された仕事道具が用意され床下潜入。

1010122

事前に本で読んだことで、蟻道は壊さず触らずにそのままにしておきました。そこを崩してシロアリが今も通っているか調査してもらっています。

1010123

お風呂と台所の床下以外をくまなく調査してもらったのですが、シロアリの痕跡はいろいろあるが今はおらず、外観から全くわからなかった、玄関の框の下に少しシロアリがいたのを発見しただけでした。どうも、巣を放棄していなくなったということだろうという結果でした。

お風呂と台所の床下は水回り工事のときに点検口をつくったり、解体したときにもう一度来てもらい、薬剤注入や再点検をお願いすることになりました。

ここぞとばかりに、シロアリのなぜ?をとことん聞きました。うーんすごい!こういう仕事をしている人がいるんだということに驚きです。それは、以前見てもらった駆除会社の方は全面的に薬剤散布(一般的に普及している方法)なのですが、サポート仙北さんは、点なんです。しろありの通るところにピンポイントで薬剤投入しあとはシロアリに薬剤を巣へ持ち帰ってもらい駆除するとのこと。理にかなっていますがなぜ普及しないのか?

それは、おそらくお願するこちらにとってはありがたいのですが、ホントに駆除費用が安いのです。使う薬剤の量が格段に少ないので費用が安くなるのです。どちらがよいとか悪いという問題ではないのでしょうが、私は理にかなっている方法で適正な価格と仕事のスタイルに共感し安心してお願いしました。

そして、サポート仙北さんという方がいるということと仕事のスタイル、駆除の考え方が分かればこれからどんだけ床がふかふかしているところを発見しても安心できるようになりました。今回駆除をしてもらった後に、TVでシロアリ駆除の詐欺事件があったのを見たので、よけいにこういう方法があること、不安にならず相談するところや知識が広まるといいなと思います。<リフォーム&DIY情報はこちらもどうぞ
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

丸のこで合板床を解体してみると:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

シロアリ被害はカーペットの部屋にもありました。このカーペット貼りの部屋にはこの上にカーペットが以前敷かれていたようで、ずんずんシロアリの行進跡が広がった模様がこちら。
1009291
ほんとに、少しづつ食べ続けている感じがわかります。薄く広く?
この部屋には床下点検口がないということと、床自体が「ふかふか」するので、床板を解体して新設することにしました。この「ふかふか」感。歩くと床がしなるんです。たぶん食べられすぎると床が抜けると思います。

1009292

恐るおそるですが使いだした「電動丸のこ」でふかふかするあたりへ切り込みます。カーペット生地は積層合板にのりづけしてあったようです。メリッとはがしてみると「あれ?」床を支える根太や土台は案外きれいなんです。

そして、意外な発見は積層合板自体が床土間からの湿気でのりがはがれ軟らかくなっているのも影響していることが分かりました。薄い板に分解できるのです。こういう体験すると畳の下に敷いてあった「荒床」は通気も兼ねたつくりになっていて理にかなっているなと実感できます。これから床下に合板を使いたくもなくなります。

1009293

シロアリはこの微妙な隙間などを通過しつつ、写真では分かりにくいかもしれませんが束に近い根太を一部集中的に食べながらもカーペットのところへ上陸した様子でした。シロアリのイメージとしてすべて一気に食べるのかと思いきや、線的に食べ続けていることが解体してみてわかります。これで、すべての床下へ潜る準備が整ったので、後はシロアリ駆除の専門家にご登場願うばかりです。<リフォーム関連情報はこちらもどうぞ
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

丸のことバールで解体してみて発見蟻害跡:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

シロアリ調査の準備で階段下の解体する効率を高めるために、ホームセンターで「電動丸のこ」と「60㎝バール」を購入。便利です。電動工具はなんて便利なのだろう。あっという間に木が切断できます。その後はてこの原理をつかってバールで木と古釘引き抜きます。
古釘と木を抜きながら、こういう作り方をしたら、解体しにくいだろう!と思うのですがだれも解体のことなど気にしないでつくるものだとも思います。

1009211

できるところは自分で解体やDIYと思い始めたのですが、想像以上に時間と体力を使うことが分かったのですが、そうなると「電動工具」は必須です。1~2万円代のものがほとんどですが、絶対必要です。電動工具台をケチっていてはいけません。いくつか電動工具を買い集め、自分の時間を費やすのならば、工務店さんに頼んだ方が結果やすいのではないか?ともいえますが、いろいろやってみて思うのは、それでも自分で工具を持ってやってみることで、家のつくりや材料の劣化具合などが実感できて設計にも役立つし、今後の住宅の維持管理にも役立ちます。

1009212

なんとか、階段下を解体し一番シロアリに食べられた後のある階段の1段目の下あたりを見てみると…
柱、土台を支える束がしっかりと食べられていました。これ以上食べられると、束がぼろぼろになり、柱が下がってきそうです。そうい意味でも点検できないというのは怖い。

柱と土台は食べられた跡はないのですが、なぜか束だけシロアリは食べていました。束だけがシロアリの食べられる状況にマッチしたんだろうと思います。<リフォーム関連情報はこちら

TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

シロアリ調査と駆除の準備に入口づくり:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

シロアリの調査や駆除を家の床隅々までやるには、畳をあげて荒板はずせればよいのですが、床下点検口のないフローリングや水回りの床下への進入が大変です。基礎を壊して入られては困るので、台所の床下は点検口を自分でそのうちつくることにして、水回りの床下へ入り安い場所を考えていて、いいところがありました。

お風呂の隣にある階段の下の収納の床を外すと、楽に活動できそうだと思い、さっそく床板はがしにとりかかりました。この階段下の床や壁などを解体したのは正解で、後の設備工事や大工工事でも活用しました。
1009131

初のDIY?解体作業です。ホームセンターで小さいバールのようなくぎ抜きと家にあった古びたハンマーで挑戦です。こういうときの道具は身の回りにあるもので使えそうなものはないかとあれやこれやと考えてしまいます。照明は、ペットボトルの温熱実験で使った電球なんかを活用していたり。

イメージでは簡単に釘が抜けてすぐに床もはがれるだろうと思っていましたが、甘かった!
おそらく、この床は以前シロアリに食べられたのか以前のリフォーム工事で外に使うデッキ材でふさがれていました。しかも釘がさびていて結構抜くのが大変、しかも釘の頭は取れてしまうし。根太は小さなくぎ抜きのてこの原理を使ってもびくともしないほど釘が錆ついています。

しょうがないので、家にあったのこぎりで根太をなんとか切断。人力は疲れます。
知識と経験のないDIYは想像以上に疲れます。工具の種類や使い方をあまりにもしらなすぎることがよくわかりました。
シロアリから工具へと次々と調べることがあります。<リフォーム関連情報はこちら
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。