スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟻害土台交換で安心:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

R0023178_R.jpg

浴室の土台だけになった状態です。しかしシロアリもよく食べたなーという感じです。この工事をしていた頃以降、シロアリの調査などで様々な事例を見る機会が増えたり、他のお宅のシロアリ被害状態を調査しても、ここまで食われているものにはなかなか遭遇していません。

R0023181_R.jpg

こちらは外壁に接する土台部分で浴槽に接していた部分です。築30年くらいなので、いつからシロアリ到達したのかわかりませんが、コツコツ食べた結果です。シロアリの専門家の方に聞いてみても、シロアリが発生する要因は様々なので対処方法も絶対はないようです。しかし、この仕事場の環境で過ごす日々が長くなってくると、この土地は周りに育った木々が多く、垣根もよく育ち、相対的に湿度が高く、昆虫も元気に生活する環境が整っている感じなので、シロアリという昆虫も元気な場合が多いのかと感じるようになってきました。

R0023186_R.jpg

梁をジャッキアップしてヒバ土台に取り替えたところです。

R0023192_R.jpg

違う方向から見ると、アンカーボルトがよく見えるくらい土台がありません。
けど、腐朽、蟻害部分の土台をカットして、新しいものに取り替えればいいだけです。

蟻害とその改修方法を全く知らないときは、シロアリという漠然とした不安に襲われます。そのために内装や外装を解体しなければならない場合もありますが、あまり恐れることもなく、取り替えるだけ。ヘタに恐れて、床下にたっぷりと薬剤をまいて、自分がまいってしまうことだけは避けたいところです。

定期的に床下にもぐり点検し、シロアリの蟻道などを発見したら壊して部分的に薬剤注入。よっぽどひどかったら部分的に修復するのでいいみたいです。

私自身、シロアリのことを知らず、不安になり、案外業界の人に聞いても回答があいまいだったりしたのですが、サポート仙北さんに教わったり、自分で解体してみて実感しました。

そんなわけで、ビジュアル的にはあまり魅力のない写真の掲載が続きますが、忘れないように情報UP中です。

スポンサーサイト

リフォーム工事開始、プロは早い!:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

R0023116_R.jpg

浴室解体に大工さん2名。ドリルで勢いよく床や壁のタイル解体開始です。

R0023121_R.jpg

この解体用のドリルほしかったんです。これあるとモルタル壁の解体もあっという間。だけど、それ以外この工具は使わないとみて、購入しませんでした。いつも、電動工具の購入は悩みます。これからどれだけ使うのだろうかと、

R0023129_R.jpg

床のモルタルもはつり終わり、土が見えてきました。それと、腐朽した土台も。

R0023130_R.jpg

きれいに横一列、やられています。タイルの日々から入った水による腐朽とシロアリ。

R0023131_R.jpg

同様に蛇口方面も。

R0023132_R.jpg

古い給湯器も撤去。途中の配管と接合部が劣化しているだけみたいだったので、部品取替え使いたかったのですが、古すぎて、設備屋さんに見積もり依頼したら、新しい給湯器で安いもの探したほうがよいことがわかりました。

R0023136_R.jpg

浴槽やガラも取出し、すっきり。
あまりにもあっという間で、自分で仕事の合間見ながらちんたらとやっていたのがばからしくもなりますが、自分でやってみて、つくづく、道具と仕事と専門分野がよくわかります。あと、自分でやってみて道具のことや解体方法が気になって大工さんの動きに注目しっぱなしです。

解体作業は続きます。

リフォームプランをデザイン!:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

水回りの解体から腐朽部分が確認できると、部材を取り替えるべきところなどがわかってくるので、この情報をもとに、リフォームプランをデザイン開始しました。が、

案外、自分のことになると大変です。こだわりと予算の問題が切実です。自分だけではなく、お施主さんすべてに言えることだと思います。それだけ、建物をつくるということは、リフォームも含め判断が求められる行為だと思います。しかし、今回リフォームということで自分自身といろいろな意味で向き合えることが、よりお施主さんの気持ちを理解できる経験になりました。

110520桂進ハウス風呂0001_R

なんやかんやと試行錯誤した図面の一部です。

今回取組んだ内容は、

・可能な限り自然素材を使う。自分で解体してみて感じたのは、将来的に解体する時が来ても、自然素材であれば気楽なんです。極端な話、材料を敷地の一角においいておけばそのうちたい肥になります。でないと、産廃業者さんをよばなければなりません。

・ネットの威力はすごく、設備機器や建材などが、お好みで手に入ります。少しでもDIYしたい。自分でコストコントロールしていることを実感したいということから、できるだけ取り組むことにしました。結局、設備機器、給湯器、便器、断熱材、ハーフユニットバス、自然塗料、左官材などは自分で発注できました。

・既存の状態より、水回りの天井高を下げること。その分建材が節約できることと、スケール感のコントロールができます。

・地元の工務店さんに主要なところは工事してもらい、できるところは自分でやってみる余白をリフォームデザインに組み込みました。

いろいろデザインし、地元で自然素材を使う工務店さんに見積もり依頼し、ちょうどタイミング的に大工さんが違う現場から移動できるということもあり、お願いし、工事を始めることになりました。

まあ、やってみると、リフォームってやっぱりいろいろあるなということも、勉強できました。
工事の進捗とともに、そのあたりもこれから書いていきます。




洗面脱衣室解体で状況ほぼ確認:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

R0023109_R.jpg

こちら、脱衣室の壁を解体した状態。砂の塗り壁だったので、解体後の片づけが重くて案外大変でした。室内から見ると壁にカビが生えた形跡があったので、北側で水回りだから壁体内もそうとう腐朽しているかと思いきや、案外大丈夫なことに驚きました。構造材や間柱も含め取り替える必要はなさそうです。

R0023111_R.jpg

それでも、浴室側のサッシ受けはほぼ崩壊。よくたべたなーシロアリという感じです。
天井裏ものぞいても雨漏りの様子もないので、土台を一部取り替えるのと、窓枠関係の取替えが必要であとは、インテリアのデザインを進めることができることがわかりました。やはり、湿気やシロアリにやられている部分はおさまりに気を付ける必要があります。

通常であれば、解体前に設計をほぼ詰め、解体してみて、状況見て設計内容変更したりします。今回は、一応時間があったので、自分で壊しながら、状況確認して、改修設計へ進めます。

これから、自分のこととなると案外悩む仕様選定と工務店さがし、工事へと続きました。

タイル浴室を解体してみると腐朽とシロアリと:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

ものすごく久しぶりに、仕事場ハーフDIYリフォームのことを書き始めます。前回、書いてから1年ほどたってしまいました。バタバタしているとあっという間。その間、実はシロアリで床を相当やられた8畳間の解体に進んでいたのですが、床板はがしただけで、それ以降放置して1年。いい加減、床をはらないと家族からもクレームが来てしまうので、忙しいを言い訳にせず、この際、一気にリフォームを進めるのと、ブログ掲載を再開します。

R0021603_R.jpg

【前回】タイル浴室のタイルと下地モルタルをハンマーやカッターで解体し防水紙をはがすと下地となる板張りが出てきました。合板を使っていない時代。これはこれできれいなインテリアだなあと壊したくなくなります。

R0021628_R.jpg

解体したガラをスコップできれいに取り除くと、怪しい部分が出てきました。

R0021629_R.jpg

タイルの入隅部分にヒビが入っていたので、水の侵入はあるだろうと思っていましたが、そこから入った水により、土台まわりなどが腐朽していました。もちろん、シロアリもしっかりと食べています。

築30年代の在来浴室はたいがい同じような劣化症状が見られます。その他に、脱衣室から浴室の框の下なども同じ状況が大概見られます。

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。