スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震があったときに感じた揺れの違い

先日、いわきで結構大きい揺れの地震がありました。その時は、仕事場にいて変な揺れだなと思っていたら、結構家が揺れました。その時、気になってみていたのがおそらく構造的に最も弱そうな、南側の開口部がたくさんある中央の柱と梁の接合部分あたり。耐震性のある壁が少ないのが弱みです。将来的には、柱や壁、金物などで補強したいと思っています。

地震があったときに、たまたま、平の駅近くの方と電話をしていると、そこは大きく揺れてコップの水がややこぼれたとのこと。あまり離れていないのに、揺れの違いです。考えられるのは、建物の構造の違いによる揺れ幅の違い。建物が高かったり鉄骨造だと揺れ幅が大きい場合があります。

もう一点は、こちらの仕事場が、小山のような地域なのでそこの岩盤が硬めなのかもしれません。

築30年以上前の建物は、耐震性能が現在の建物よりも弱い可能性が高く、実際に自分で確認してみても金物が不足していたり、壁量が不足していることが分かります。しかし、建物形状が総二階ではなく、下屋のような部屋のとりつき方などが、揺れ幅を小さくしているようにも考えられます。

一気に耐震補強工事は工事費もかかるし大変なので、計算等による理論値と、生活しながら共に揺れてみて、きしみ具合、土地の強度みながら、耐震補強を考えています。
スポンサーサイト
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。