スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根が壁にぶつかる部分を見てみます:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

中古住宅の現況を把握するには、開いて覗いてが基本になります。こういうときに築30年もので断熱材が入っていない建物は、いろいろ覗けて劣化状況などを判断がしやすくて便利です。

そんなわけで、気になっていた平屋部分の屋根が外壁に接続する部分から雨が入り込んで、1階の天井裏が腐っていたりしないか確認してみようと思い、2階の畳をあげ、例のごとく荒床をはがします。
1012021

このすきまでどうするかというと、デジカメをこの中へ入れ、気になる方向へ向けてシャッターを押す調査。
すると、
1012022
何枚かとることで、やっと目的のエリアを撮影できます。
すぐにモニターで確認し、接合部の問題もなさそうで案外木が腐っていないことに驚きます。
一応、構造体に白蟻の蟻道もないか確認します。もしかすると、雨漏りがシロアリを呼び、2階までシロアリが登ることはあります。しかし、どこにも見当たらないのでシロアリは大丈夫な様子。

埃で汚い部分はあるにしても構造的にはきれいだなあと、やはり断熱材なく雨漏りもなく、通気がとれていると木ってもつんだなあと分かる半面、寒さとこれからどう付き合っていくかが悩ましいところです。
リフォーム関連情報はこちらもどうぞ
スポンサーサイト
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

中古住宅と劣化と流れ

中古住宅改修をする前に、解体しだしてまず、建物の劣化判断をしなければなりません。
新しく建てる知識と状況を判断する知識はまるで、鶏と卵の関係のようです。

こうつくってあるから、こういう劣化になった。
こういう劣化は、こうつくられているから進行する。
だから、近年はこういうつくりをすることを再確認。

しかし、教科書的に同じような劣化がすべての部分に起っているというわけではなく、
様々な状況が重なる部分に、おこりやすいという感じです。
土地と建物の関係、住い方の状況によって劣化現象はイロイロ。
だから、マニュアル的な判断基準がつくりにくい部分もあるのかなと思います。

そんなわけで、様々な状況を判断するために調べたり考えたりしていると、
世の中の流れというものは重なってくるんでしょうか?

最近、木造住宅の劣化に関する調査のお手伝いをしています。
まだまだこれからですが、やっぱりシロアリっていろいろなところにいるみたいです。

中古住宅をどこまで自分で解体して考えて改修できるか?はじめてみます!

仕事場を移転しました。
移転先は昭和50年代に建てられた木造中古住宅です。
この土地と建物に出会えたのもまさに「縁」としかいいようがありません。

30年以上の年月を過ごした建物には様々な痕跡があります。
そのまま使えるところ、使えないところ、変更したいところ。
仕事柄様々なイメージは湧くのですが、かけられる予算も限られています。

さっそく、あやしい部分を自分で解体!
おー!
どうしよう?

新築と異なり、仕上げなどで隠れていて確認しにくい部分や、古くなったり、腐食している部分、虫害の部分など、判断に時間がかかる部分がたくさんあります。

改修方針を決めるために、本やネットで類似する要因を調べたりもするのですが、改修やリフォームという分野では非常に多くのあいまいな情報が流れていることが分かってきました。とりあえずふたをしてしまってきれいになっている様子もうかがえます。

また、最近の情報や知識から判断するとこうすべきなのは分かっていても、次々と解体し新しく手直ししなければならなくなる「みちづれ工事」になってしまい、次回へ見送ろうと判断しなければならないこともたくさんあります。

そんなわけで、新築するよりも改修は判断に時間がかかるという今日この頃です。

改修工事費を抑えるための戦略として「DIY」自分でできる部分を増やすということがあります。自分で工具などを仕入れて解体してみて。実は当初考えていた以上にこの作業には時間と体力が必要でした。調子に乗って狭いところで解体しまくっていたら、腰痛です。なさけない限りです。

そんなわけで、ローコスト化、中古住宅改修をDIYでやってみようと思いますが、時間も限られた中でやらなければならないのと、体力づくりも必要です。設備がらみなどは発注したりなど臨機応変にこれから試していこうと思います。

30年物の住宅はおそらく同じような現象が見られると思います。現在解体中なので、どうなっているのか参考に見たいという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。ご案内しますよ。

100110


解体しながら、現場では休憩って大切だなあと体感実感しながら空を眺めて休憩です。

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。