スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県産材の加工センター見学

ペレット工場を見学後、ペレット製造工場と連携している、勿来にある「いわき材加工センター」を見学しました。
1001241
丸太の山です。

1001242

工場ではラインでどんどん丸太の皮がそがれ、カットされていきます。そのメインのラインでは、3名でこなしているというのですから、少人数化と機械化の威力を感じます。

1001243

そして、端材なども活用したボイラーで製材を人工乾燥です。木が狂いにくいように含水率を下げています。

1001244

福島県産材、杉製材のできあがりです。現在、いわき市では16万本木が出る中、こちらの組合では8万本の加工をしています。

この製材、昔は1本の木の80%を建材などに活用していたのですが、最近は狂いなどが少なく、耐久性などを考慮し芯材を使うため、50%しかつかわないとのことでした。手間とコストのバランスもあるようです。

それでは、木の残りはどうしているのか?すてるのか?
1001245
たくさん積んであるところもありました。
そう、ここが連携です。
ペレット工場との連携でこの端材がペレットの原料になるのです。理想的!

戦前は、建材より燃料としての木材利用量が多かったのですが、最近は建材利用が多い時代が続きました。そして、これからは、燃料利用への増加を望みたいところです。

そして何より今回は、福島県材をたっぷりと見て、木の香りを味わい、丸太一本はホントに安くて、手間暇代で、なんて話を聞いていると、とにかく自分家などにどんどん杉板仕入れて、張りつけたくなります。

スポンサーサイト

木質ペレット製造工場見学へ行ってきました

農商工連携の見学でいわき市の遠野興産株式会社さんへ木質ペレットの製造工場の見学へ行ってきました。
1001212

最初の説明のときに、ペレットってご存知ですか?という質問に知っているという方が参加者全体の2割程度だったとことに驚きと、認知度を高めなければならないんだなあと実感しました。

私はペレットやペレットストーブは知っていましたが、実際に製造の現場へ来たのは初めてです。想像していたより広大な敷地に、ペレットの原料になる丸太や伐採した枝葉などが山積みされ、粉砕するエリア、ストックするエリア、焼却して灰にするエリア、加工するエリアと広く、また手間暇がかかっていることに驚きでした。

100121①

工場でつくられるペレットは最後にふるいなどで選別され「温丸(ぬくまる)」として販売されます。いわき市内であれば送料無料。カーボンニュートラルな燃料。使いたい!と思い、あれやこれやと担当の方に技術や値段のことを聞きこみしました。

ペレットの魅力として、薪ストーブほど煙突のメンテナンスが必要なく、煙突設置費も安い、薪を割る手間がない分高齢者にもやさしいとのことをすすめられました。確かに毎日のこと、高齢者との同居を考えると魅力的です。しかし、最大のハードルは、ペレットストーブ自体の値段が結構いい値段で悩んでしまいます。自分と燃料はかなり近いのですが、その間の装置が距離を引き離してくれます。

これからの課題として、家全体の給湯システムと暖房システムをうまくペレットでまかなえる方法と設備の検討をしていきたいと思いました。

帰りには、田人のおふくろの宿さんで入浴。ペレットボイラーでお湯を沸かしています。確かに言われるように、お湯の質が普通の水なんですが、ガスや灯油で沸かしたお湯より柔らかい感じがしました。なんでも風呂あがり後30分ぐらいに効きだすとか。

製造工場で木の香り、ペレットボイラで沸かしたお湯で温まり、魅力的な木質ペレットを体感させていただきました。

樹木も少子高齢化みたいです

農商工連携の講義で先日、県の農林水産部の方から福島県の森林・林業に関する資料をいただきました。その中の人工林の年齢構成のグラフです。

0911262

齢級8~10歳が植樹後40~45年経過してい、建材に使うにはちょうど良い時期になります。そう、まわりを見渡して目につく杉山、今が旬!

しかし、この時期の木を切らないと新しい苗木が植えられないし、切る手間だけ大変で新たに植えて手入れすることができないというのが現状のようです。

ちょうどよい時期なのに、使えず、杉花粉で悩まされ、日々樹高は高くなる。なんとも硬直状態です。

建築を設計する立場としては、住宅建設時にできるだけ地元の木を使おうということになります。構造まで使えなくても、床板や壁材としての活用ができれば、山も少しすっきりすると思います。

山の環境を維持するために地元の木を使おうという運動は各地で行われていますが、樹木の年齢が今が旬で、少子高齢化というデータを見るとますます、地元の樹木を地産地消しなければならないと感じます。

あと、平成19年の福島県の森林・林業に出ていたデータをもう一つ。
0911261
昭和60年から平成19年までなめこの生産量は変わっていないのに、干しシイタケの生産量が激減しているのに目がとまりました。みんな干しシイタケ使わなくなったのか?と思いきや、どうやら輸入物が急増したことが大きな要因のようです。グラフで見るといろいろな発見があるもんだなあと。

いわきに来て、原木干しシイタケをいろいろなところで購入して食べるうちに、味の違いがいろいろあるのと、やはり国産はおいしいということです。こちらも地産地消がオススメです。

木はいつのまにかに大きくなっていて

091125木

温暖化防止WSでグループ議論のときに、いわきではこれだけ自然が豊かだと、都市部と比べまちづくりとしての緑・樹木を植えようという話はなりにくいですよねということを話していたところ、いわきならではの木にまつわる話をお伺いできました。

数十年前に家を購入された方の南側の敷地の樹木の苗木が今や大木になってしまい、日中でも薄暗くなり、その土地の方と相談して樹木を伐採したということです。

そして、どこの山でも大きくなってしまい手つかずの樹木が立ち並んでいるということがどこでもあるんだよ。という話を聞くと、木を植えたはよいが、使い道は?木の手入れは?と考えさせられます。

先日、中央分離帯にみっしりと茂った垣根のおかげで対向車線が見えなく、その間からUターンしてきた車がぶつかる事故を見かけました。木の手入れはいろいろなところで必要そうと感じる話と出来事が続きました。

試しに、「いわき 樹木伐採」で検索してみたのですが、あまりめぼしいサイトや情報が見つからないのは不思議でしたが、こちらの伐採剪定会社さんがありました。なるほど電線へ絡むこともあるんですね。

このまま木を伸ばし続けるとどうなるんでしょう?みんな巨木になるのだろうか、倒れるのか、問題なければ育てておこうという感じで、木だけになんとなく先送りになりそうな課題な気がします。

薪っていいんですよという雑談

いわき市の温暖化防止WSで見学会でした。移動中や見学中に参加者の方と環境のことやエコな話が雑談できて勉強になります。みなさんいろいろな経験があって、お会いできることで目で見て、話して情報や知識がめぐります。

雑談の中で話題に上がったのが「薪ストーブって温かくっていいんですが、燃やすと二酸化炭素出すからこれからの時代にそぐわないんでしょうね。」
僕も以前はそう思っていましたが、実はその逆で化石燃料をつかうより断然いいんですよ。という考え方があります。「カーボンニュートラル」。木を燃やして二酸化炭素出しても木が吸ってくれるから、実質ゼロと考えられるという循環です。

東北芸工大の三浦先生に以前、学校エコ高森の講習会で教わりました。目からウロコでした。そういった疑問などが分かりやすく書かれていて、三浦先生も執筆者のお一人である本が最近出版されていました。
「住宅の未来 カーボンニュートラルハウスの教科書」
カーボン
非常に分かりやすく一気に読んでしまいますが、データや内容などはかなり、深いな~という事が書かれていて、タイトルではないですがすごく未来を感じる本です。オススメです。

だんだん寒くなってきました。木をつかう暖房いかがですか?薪ストーブしたいのですが、今のところ私は、火鉢、炭でカーボンニュートラル生活です。お餅も焼けていいですよ。去年の火鉢生活はこちらへどうぞ「楽しい自然力」。
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。