スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域の特性を活かした省CO2型復興住宅の環境設計の報告書がダウンロードできるようになりました!

昨年来、報告書作成に参加させていただきまとめた、「地域の特性を活かした省CO2型復興住宅の環境設計」の報告書の本編がすべてダウンロードできるようになりました。
住まいと環境 東北フォーラム データ館 から【ダウンロード】できます。
報告会の様子は【こちら】

ぜひ、ご覧ください。

2章A3は、手法の一覧をまとめたものもダウンロードできます。この図を軽い気持ちでまとめてみましょうか?と書きだしましたが、最後の最後まで微調整が大変でした。無事、一覧にまとめられてホッとしています。その他に3章のパッシブ手法と5章を担当させていただきました。

復興住宅一覧_R

今回、参加させていただき、東北と一言でいえども気候区分の多様性や各地域の状況の違いを学ばせて頂きました。これから、少しでも、少しづつでもここでの取り組みを実現していきたいと思います。
スポンサーサイト

復興住宅の環境設計シンポジウムが開催されました

4月16日 住いと環境 東北フォーラムシンポジウム 「地域の特性を活かした復興住宅の環境設計」が開催されました。

初めに「準寒冷地版自立循環型住宅への設計ガイドラインについて」澤地先生より講演がありました。
R0031122[1]
6月ごろから講習会がはじまる準寒冷地版の概要を解説いただきました。準寒冷地版用の吹抜けのあるモデルプランをもとにした、エネルギー消費量をどれだけ下げられるか各要素技術の検討がまとめられています。東北地方なので暖房エネルギー消費が最も大きく、その部分をどれだけ削減できるかが課題。暖房方式の選定に課題はあるが、機器の効率化より、断熱化を進めることが効果的であり、次に効果的なのがが全熱交換器になるが、メンテナンス等の課題が残る。また、各技術の組合せと実施による削減率表等の解説を頂きました。

R0031119[1]
後半は、吉野先生に今回の「地域の特性を活かした復興住宅の環境設計」について、【こちら】のダイジェスト版をもとに解説頂きました。地域の特性をいかした省CO2型復興住宅を考えるにあたって経済性に配慮しつつ環境・省エネルギーの観点から最低限必要な条件および設計の考え方について整備する。とはじめにに書かれていますが、この趣旨で今回の報告書がまとめられています。

また、住宅金融支援機構が発行した『東日本大震災の被災者の方が住まいの再建を検討される際、ガイドとなる冊子「地域型復興住宅~住まい手と作り手が力を合わせて住宅再建を」を編集し、平成24年4月を目処に3県の市町村等を通じて配布することとしました』というご案内もありました。【関連HP】 【冊子PDF】

報告書各内容の概要について担当された各先生から発表がありました。詳しくはダイジェスト版をご覧いただき、詳細な報告書は当日ご参加いただいた方へは配布されましたが、今後の配布かダウンロードなどはこれから掲載等予定のようですので、もうしばらくお待ちください。

各発表概要。
「東北地方の建築気候特性」松本先生。拡張アメダス気象データをもとにした被災3県を含む東北全域における気候分布図の解説。市町村ごとの御省エネ基準細分化により熱環境設計の要点の提案。

「環境設備計画概論 温熱性能・パッシブ手法・換気暖冷房等」林先生。復興住宅の環境計画・設計の基本方針の概要を解説。建物と設備を同時に考えていく。等級4超推奨。風が強い地域では気密性を高めるなど、地域ごとの推奨を一覧表で解説。総合評価、参考としてのゼロエネルギー住宅について。

「環境計画・設計技術要素、及び維持管理」北瀬発表。パッシブ手法と住まい方、設計計画、維持管理の視点をまとめた表を解説。住い手の環境からの気づきと行動による効果について。

「省エネ性能・建設コストの試算」本間先生。モデルプランをもとにした断熱設計、各部位の断熱仕様とQ値、設計の自由度がたまる年間暖房負荷予測式、基本的な考え方から条件を設定した建設コストについて、断熱仕様とコスト比較表の解説。

「集合住宅における環境計画の考え方」柏木先生。集合住宅では、コミュニティ(ソフト面)も大切になる。集合住宅でのパッシブ手法、自然エネルギー利用、設備計画、雪対策について。

会場からの質疑では、今後の検討課題としてLCCMや災害対策、震災での気密劣化対策などの生産部門と連携が必要な内容などがあげられていました。
120409PPT北瀬4[1]
私の発表のまとめとしてこの図をつくりプレゼン用に追加させていただきました。今回の報告書でパッシブ手法、住まい方、維持管理、環境計画・設計の手法一覧づくりについて担当させていただき、短期間の間にまとめるため自立循環型住宅のテキストをベースにさせていただいていますが、住まい方などについては「設計のための建築環境学 みつける・つくるバイオクライマティックデザイン」の内容も活かされています。また、維持管理については、最近取組んでいる中古住宅調査やリフォーム設計の中から感じていることなどをもとに、復興住宅を建てるときから配慮すべき事項をまとめました。パッシブ手法、エネルギー手法を削減する住まい方、長もちする維持管理、この3つに共通していえることは、自分の住んでいる地域の気候特性を理解し、気づき、環境調整行動を自ら行うことでより効果的な結果が生れ、省エネで快適な住環境が整うということです。

パッシブデザイン、省エネライフスタイル、維持管理しやすいつくり。この3つを連動させながらデザインするのが面白いです。

報告書にはのっているのですが、「環境計画・設計の手法一覧」づくりは最後まで微調整続きましたが、早見表的にダイジェストをA3一枚にまとめました。公開されたらぜひご覧ください。

シンポジウム「地域の特性を活かした復興住宅の環境設計」のご案内

120416地域の特性を活かした復興住宅の環境設計[1]

2012年4月16日(月)13:30~16:30
住いと環境 東北フォーラム シンポジウムが開催されます。
「地域の特性を活かした復興住宅の環境設計」

復興住宅を建設するにあたり、経済性に配慮しつつ環境・省エネルギーの観点から必要な条件および設計の考え方をまとめました。東北地域の気候条件の豊富なデーターにより地域の違いやパッシブ性能の検討が行いやすくなっています。

北瀬は、講演の「環境計画設計技術要素、及び維持管理」で内容を発表させていただきます。パッシブ手法と関連設計手法、住まい方などを関連付け、参考図とともに整理しました。また、これからの長寿命化をみすえた、維持管理に関する住い手へのチェック項目などについても報告します。

「地域の気候特製、パッシブ手法、住まい方、エネルギー消費削減手法、長寿命化維持管理。」が全て関連しています。最近感じていた、環境性能や住まい方、維持管理がつながっていることを短期間の間でしたが、まとめることで自分的に整理する機会ができて良かったと感じています。今回の報告書は、自分自身、被災した住宅やこれからの住まいの設計時の手引きとなると感じています。

住い手とつくり手の「認識・気づきからの行動」の大切さ。
そして、復興住他関連のプロジェクトへ今回参加させていただけたことに感謝です。

【関連情報先】
住まいと環境 東北フォーラムHPは【こちら】
シンポジウム広告PDFは【こちら】
第9回 住宅・建築物の省CO2シンポジウム in 仙台 (開催日:平成24年3月13日)の資料は【こちら】
4月16日で説明される内容の概要版(24.3.13)は【こちら】

ぜひ、ご参加くださいませ。

「住宅・建築物の省CO2シンポジウムin仙台」で復興住宅環境設計概要発表あります

1202271

来月の3月13日にフォレスト仙台で「第9回 住宅・建築物の省CO2シンポジウム in仙台」の中で、昨年より関わらせていただいています、「地域の特性を生かした 省CO2型復興住宅の環境設計」(住まいと環境 東北フォーラム)のダイジェスト版が公開されます。

地域の特性を活かした、復興住宅の計画や設計時の省CO2型の環境性能を考える上で参考になる各種データー(気象データや各種手法の組み合わせ、パッシブ手法、エネルギー消費シュミレーション、参考工事費、住まい方等)がまとめられています。今回は、概要の解説となりますが、4月には詳細な内容を解説する会が催される予定です。

ご興味がある方は、ぜひご参加ください。
シンポジウム詳細は、一般社団法人 日本サステナブル建築協会(JSBC)HP【コチラ】
PDFは【コチラ】

日本住宅新聞に参加している復興住宅関連の記事が掲載

平成23年12月15・25日号の日本住宅新聞に復興住宅に関する記事が掲載されています。

1112271

福島県の「ふくしまの家」くわしくは、【コチラ】に詳細が掲載されています。このプロポーザルの審査委員の三井所先生は私の恩師であり、今回の復興住宅のコンセプト、「未完成の家づくり」、「地域の生業の生態系」については、お話を伺う機会があり、少しづつつくる、拡張性のある住まいづくりと住まい方だ、とあらためて勉強させていただきました。HPにある講和資料は山古志村での取組みも分かる貴重な参考資料です。

1112272

「住いと環境フォーラム」さんで取組んでいる、「地域型省CO2住宅」としての復興住宅コンセプトを検討中。この委員会には夏ごろから、北瀬も委員として参加させていただいております。環境性能に関する内容を東北の専門家の皆さんとまとめています。もう少しでまとまります。現在、最終調整中!内容がまとまり、これから活用していけることが楽しみです。
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。