スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルロースファイバー断熱見本のおかげです

IMG_3270_R2.jpg

飯田のエコハウスを見学したときに、壁の断面・断熱模型がありました。ガイドしていただいた方に伺うと、エコハウスの壁にはグラスウールが使われていますが、工期などの諸条件があえば、飯田市でつくられている断熱材「エコファイバー」を地産地消の意味で使いたかったので、その意味で断面・断熱模型はセルロースファイバーが使われています。ということでした。

断熱材で地産地消という考え方があることに興味がわきました。秋田杉でつくった断熱材というのは知っていましたが、新聞紙をリサイクルする工場が地元にあるとその断熱材を使うと地域産業の中で素材が意味づけられること。ウッドマイレージという言葉があれば、断熱マイレージという言葉があってもいいかもしれません。

やっぱりいろいろと見学するべきで、ここで何気なく見て興味を持った断熱サンプルのおかげで、次なるプロジェクトにこのアイデアが活かされました。
スポンサーサイト

夏の夜の涼しさ一工夫!扇風機の使い方。

残暑が続きます。お盆が過ぎれば涼しくなるかと思いきや、暑い夜。

築10数年の自宅は若干の断熱材が入っているため、2階で西側の部屋は、夜になると熱がこもっています。きちんと、西日が遮蔽できて、風通しがもう少し良ければここまで熱がこもらないかもしれないんですが残念です。

その反面、外へ出ると涼しい外気温。部屋は熱持っていますが、外は少しづつ秋に近づいているようです。
そんなときに扇風機をどう使うか?夏の夜を涼しくすごせる秘訣があります。

100817

写真は小型の扇風機ですが、大型の方がより効果的です。
「窓際に扇風機を置くこと!」

扇風機は背面の空気を前面に送ります。
窓の外の冷えた外気を室内へ送り込めば、クーラー使わずに涼しくなります。

夕食後、窓際で扇風機が動き出せば少しづつ部屋が冷やされ寝るころには結構快適になりますよ。

開所です。見える化です。

1004260

飯舘村「までいな家」開所式へ行ってきました。すごくいいモデルハウスの完成です。この「までいな家」で宿泊も可能なので、季節ごとに宿泊すると、エコハウスの効果。高断熱、バイオマス、自然素材、パッシブソーラーなどなど体感できること間違いなしです。個人的には、真夏と真冬にトライしてみたいです。

1004261

入口脇には、建物の内外、地中等の温度計測データが表示されています。「温熱環境の見える化」です!こういうのが大切なんですよね。ソーラーパネルで何ワット発電していますはなかなか実感わきませんが、この部屋何度、地中は何度、湿度はと各部分の温度が表示されていると、ぐっと住いの温熱環境が身近になります。

飯舘村さんでは、高断熱仕様の町営住宅の温度計測データなどを取られているので、今年一年で得られるエコハウスのデータと比較するとどのような違いがあるのか。またその違いは建物のつくり方がどのように影響しているのか。を考えてみるのも面白そうです。

月曜日は休館日ですが、それ以外は開館されているようなので、ぜひ行ってみてください。

冬の日差しを取り込み調整できる窓 飯舘村編

1002231
まだ雪が残っている福島県飯舘村へ行ってきました。やっぱりいわきより寒いんです。雪はあるんですが、この晴天。この季節でも温かく強い日差しを感じます。

飯舘村さんでは、10年ほど前から高断熱の町営住宅をつくられていて、先進的な村ということに驚かされます。
1002232
こちらも町営住宅の一つのタイプです。2階建てで南側が吹き抜けていて、高窓からは太陽の光と熱を室内に取り込みやすい、パッシブデザインがされています。

住い手の方がどれくらい、太陽熱や光を意識的にコントロールしているのか興味深いところです。よく見ると各住宅の2Fの窓の内側のブラインドかカーテンがそれぞれの家であけていたり、閉めていたり、途中までだったりと、それぞれのライフスタイルが感じられます。

この季節でも、日中は太陽の熱をうまく取り込めば暖房いらず。だから、太陽の熱を取りこみやすくて、調整しやすいデザインは、冬の快適性と省エネのためにも必要なデザインです。

冬の太陽と寒さを活かしたこの地域の特産品もありましたよ。

環境という言葉は広いけど、断熱なんです

いわき市環境審議会委員へ就任させていただきました。
学識経験者の方や各種団体の代表の方など18名で構成されていました。
これから2年間お役にたてるよう頑張りたいと思います。

環境ということばの意味する範囲は本当に広いというのが、こういう市レベルの会に参加させていただくと実感されます。自然保護、公害防止から生ごみやアイドリングストップなどなど。
自分で環境関係の仕事ですと言っても、相手によってとらえる世界は様々なんだろうなあということがよくわかります。

というわけで、自分は住いと暮らしに関する環境とくくる必要があるかもしれません。
今日頂いた資料「環境に関する市民アンケート調査」H21.7実施のデータは非常にいわき市のデータとして興味深い内容でした。

その中から家庭での取組み(住宅)です。
091111data
アンケート全体的にいえるのですが、高効率機器に関する意識調査に重点が置かれているためもあり、太陽光発電という項目が目立ちます。

上のグラフで省エネ改修という項目では、「分からない」という割合が他項目より高まります。おそらく、省エネ改修とは?ということなんではないかと思います。
最近いろいろな方とお話をしていたり、今回の資料を読んでいて、エコ=太陽光発電という情報が強すぎるんです。太陽光発電は電気エネルギーをつくるということ、しかし、エネルギーが湯水のごとく流れて行くような、ライフスタイルや性能の悪い家電製品・住宅ではバランスが悪いんです。

また太陽光発電は高価なものなんで、まずは「断熱材」使いましょうよ!よっぽど安いし冷暖房費は下がるし、何より底冷えしにくく、快適性能UPです。

太陽光発電=設備=発電→電化製品へ
断熱=建材=熱のコントロール→体感・快適性へ
二つの流れを整理です。最終的には住い手の判断・好みです。もちろん両方使うに越したことはありませんが優先順位は第一に断熱です。(一応、断熱メーカとは関係ありませんよ)

どちらにしてもやはり「情報と体験」がまだまだきちんと、分かりやすく流通していないんだろうなあと思います。これから、頑張って分かりやすさを追求した情報とデザインの発信をしていきます。

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。