スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土間蓄熱のエコハウス飯田市

先月、長野県の高森町へ行く機会があり、飯田市にあるエコハウスを見学させていただきました。もう4年前になりますが、飯田市エコハウス建設のために開催された住まいの熱環境勉強会で伺ったこともあり、竣工後しばらく時間がたっているので、その後の性能や効果のことも伺いたいと期待が高まります。

IMG_3345_R2.jpg

エコハウスの中では珍しくまち中に建っています。建物が分節され住宅スケール感をつくり、木製の雨戸などがまちなみをつくっています。手前の建屋にはOMソーラーを使った環境づくりがされています。

IMG_3208_R2.jpg

一方、こちらの棟の方には、土間蓄熱を使ったシステムが設置されています。脇の小さな小屋が気になります、倉庫かなと?けどその前には、休憩スペースなどもつくりまちとのコミュニケーションデザインがされています。

IMG_3250_R2.jpg

土間蓄熱棟の中へ入ると、自然素材を活用したインテリアと共にペレットストーブが設置されていました。残念なのは点火されていないので、暖房効果が体験できない点でした。

IMG_3265_R2.jpg
吹抜け階段で2階へ。通りに面した大開口と障子。柔らかい光が室内に入り込み照明いらずのデザインです。夏は緑のカーテンができるスペースも用意されています。

IMG_3266_R2.jpg

二階へ上がると天井高を抑えた空間があります。展示スペースです。

IMG_3262_R2.jpg

天井を見上げると赤い管。これは、冬の暖房の暖気が上昇したものを1階の床下へ送るための吸気口です。

IMG_3343_R2.jpg

1階へ降りてみると、家具に仕込まれたファンが床下へ送り込む仕掛けです。床下にダクトスペースがありますよということを伝えるガラス張りの床があります。このファンは夏は天井からではなく屋外から空気を吸う仕掛けになっています。夜間の涼しい空気を室内の床へ送り込みます。

IMG_3273_R2.jpg

この床のたたきの下には配管が数本通っていて、冬は暖かい空気、夏は夜の涼しい空気を通すことで、蓄熱された床が暖房機能になったり冷房機能します。このシステムを住宅にと入りいれて使いこなされている方のお話を聞いて見たいです。案内していただいた方に伺うと、夏は日中でも本当に涼しく視察に来られた方が皆うらやましがるそうです。放射のひんやり感は快適です。

ペレットストーブの脇の扉から隣の室内の方へ移動すると、

IMG_3335_R2.jpg

先ほど屋外から見た小屋部分の室内です。なるほどです。なぜ扉の格子がメッシュになっていたかの理由が分かりました。先ほどの床下の配管の空気はここで屋外へ排気される仕組みになっていたのです。

ぜひ、今度は夏の土間冷却体験してみたいです。飯田市のエコハウスは細やかな仕掛け、デザインがたくさんされていて、見ごたえたっぷりです。また、様々な仕掛けやデザインの意味を理解できるかどうかも問われている気がしました。同時に住まい手への住環境教育、住みこなし術も伝える必要性も感じます。勉強になりました。

スポンサーサイト

ピザとピザ窯と温度

1101091

こちらは、みつ花の里さんのピザ窯の模様です。
薪を燃やしてほどよく窯が温まった状況です。なぜわかるか?
その辺が職人的、経験といいましょうか、ご主人いわく「窯の内部が最初はすすで黒くなり、だんだんと温まってくると内部が白くなっていく。」なるほどです。だんだんと、すすの部分が減ってきます。

準備完了。
ということで、今回は福島県の地粉を使った生地をベースにしたピザづくりの試食会です。

1101092

美味い!の一言。
やはり窯による輻射熱でつくられたピザの美味しさはたまりません。時間がたっても美味しいんです。そして、福島県産の地粉もまた、噛むほどにいい味出すんです。

これからにこうご期待のピザ情報でした。

手づくりピザ窯は楽しいぞ!

1009271

試行錯誤しながらつくられた自家製ピザ窯を体験させていただきました。
放射、輻射熱によって温められることによる「旨み」これは格別です!
いやー驚きました。ちゃっかり南瓜をアルミホイルで丸焼きさせてもらったりもしました。

以前、ピザ窯のつくり方を調べたことがあったのですが、いざつくろうと考えると細かい納まりなど掲載されておらず、どうやってつくるの?と思うのですが、こちらのご主人も同じ感想で、それでも試行錯誤しながら窯をつくってしまったのですからすごいです。

随所に細かい工夫もされています。
実際に薪をくべさせてもらったりしながら、焼いてみたりすると火の加減や時間などの調整が難しいことが分かります。それは、窯の温まり具合などが大きく影響するからです。毎日使っていたり、長時間温めていると一定の温度に維持しやすいのですが、久しぶりに使うと感も必要です。意外だったのは久しぶりに使っても1、2時間すればもう焼けるという事です。

こんなに魅力的な窯の活用と里山の活用がこれからいろいろ面白くなりそうです。
TAG :
田人みつ花の里

蓄熱するパーツ 群馬エコハウス

群馬県へエコ改修の小学校を見学したときに偶然、エコハウス群馬県太田市の窓口担当をしている長井さんと設計を担当している須田さんにお会いしました。群馬県と福島県のエコハウスの工事の進捗の情報交換などをしていると、太田市のエコハウスの工事現場を見学させていただくことになりました。
1002211
眺めの良い公園の一角に建設現場はあります。芝桜が季節にはあたり一面咲くようでその頃にもう一度訪れてみたい場所です。工事は躯体工事が進んでいます。

その中で、コンクリートの列柱が建物中央付近にたっています。これは「蓄熱」するための柱です。間仕切り的な要素と兼用する温熱環境装置です。季節に応じた効果がどれくらい現れるか竣工が楽しみですし、インテリアとしてどのような表現になるのかも楽しみです。

そして、こちらは傾斜地という特性を活かした地下室があり、ここへも蓄熱ブロックを入れることで、夏の夜間の涼しい空気を取り込んで冷やす計画をしています。
1002212
しかも蓄熱体として利用する煉瓦は調湿も考え、水分を含みやすい素材です。このレンガで夏の蒸し暑さも軽減される効果があるとのことなのでこちらも竣工が楽しみです。
TAG :
環境省エコハウスモデル事業

土蔵の効果はまわりの環境によりけり?!

農家の方の話を聞きました。

米などを貯蔵しておく蔵を曳き屋で移築したところ、調湿効果がダウン!
今まで蔵の周りにはえていたサツキがなくなったためではないか?と考え、植えつけてまったところサツキが大きくなり10年くらいたったころから調湿効果がもどってきたということがあるそうです。
野菜類のおいしさ維持するために調湿効果は大切です。

農家の方との何気ない会話には示唆が富んでいます。確かに蔵の周りに樹木があることで蔵へ直射光が当たりにくく温度調整ができます。また、植物が呼吸する蒸発発散効果で夏は涼しく冬は適度な湿度を確保できることにつながっているのかもしれません。

今まで、蔵などの「土壁」の調湿効果に注目した性能を評価する記事や論文などはよく目にしていましたが、土壁の効果を活かすための周辺環境のつくりかたも考えてデザインしていく必要がありそうです。

これから、土蔵をみつけたら周辺環境も注意してみてみようと思います。
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。