スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かまどのしつらえ

飯舘村のエコハウス事業は急ピッチで進んでいます。
今回は、豊田設計さんが中心となって多くの関係者がアドバイスをしながら検討したほぼ、最終のエコハウス案を、住民の参加者の皆さんが内容を確認するワークショップでした。
090825飯舘
私は、内容と経過の確認のためにお邪魔しているのですが、プランが練られていく状況を見ていると、これほど多くの人が、エコハウスというテーマに向かって積極的な意見を出し合いプランをまとめ、ワークショップという意見抽出の作業をこえて、みんなで設計している感じがしてしまいます。

今回の議論で最も盛り上がり、個人的にも非常におもしろかったのが「かまど」の話でした。
民家にあったご飯などを炊く「かまど」です。
エコハウスはモデルハウス的な要素もあるので、薪というバイオマスエネルギー活用の様々な体験ができるということで「かまど」が計画されたようでした。しかし、地元の方が参加したWSでは、実際にかまどを使ったことがある方や子どものとき家にあった方から、取り扱い方の大変さや火の子にたいする部屋のしつらえ、排気について、現実的なコメントがでてきました。

ハードやイメージ的に「かまど」って魅力的なんですが、毎日使う。料理に使う。火を扱う。イメージと現実は異なる部分があります。だからといって消極的ではなく、積極的にどういうものなら、体験的で活用的なものがあるかということで、写真のようなキッチンストーブ的なかまどのしつらえなら良さそうだということになりました。

バイオマスとしての薪。そこから得られる火。活用するためのデザインがありました。
スポンサーサイト
TAG :
環境省エコハウスモデル事業
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。