スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸のこで合板床を解体してみると:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

シロアリ被害はカーペットの部屋にもありました。このカーペット貼りの部屋にはこの上にカーペットが以前敷かれていたようで、ずんずんシロアリの行進跡が広がった模様がこちら。
1009291
ほんとに、少しづつ食べ続けている感じがわかります。薄く広く?
この部屋には床下点検口がないということと、床自体が「ふかふか」するので、床板を解体して新設することにしました。この「ふかふか」感。歩くと床がしなるんです。たぶん食べられすぎると床が抜けると思います。

1009292

恐るおそるですが使いだした「電動丸のこ」でふかふかするあたりへ切り込みます。カーペット生地は積層合板にのりづけしてあったようです。メリッとはがしてみると「あれ?」床を支える根太や土台は案外きれいなんです。

そして、意外な発見は積層合板自体が床土間からの湿気でのりがはがれ軟らかくなっているのも影響していることが分かりました。薄い板に分解できるのです。こういう体験すると畳の下に敷いてあった「荒床」は通気も兼ねたつくりになっていて理にかなっているなと実感できます。これから床下に合板を使いたくもなくなります。

1009293

シロアリはこの微妙な隙間などを通過しつつ、写真では分かりにくいかもしれませんが束に近い根太を一部集中的に食べながらもカーペットのところへ上陸した様子でした。シロアリのイメージとしてすべて一気に食べるのかと思いきや、線的に食べ続けていることが解体してみてわかります。これで、すべての床下へ潜る準備が整ったので、後はシロアリ駆除の専門家にご登場願うばかりです。<リフォーム関連情報はこちらもどうぞ
スポンサーサイト
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。