スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「すだれ」の奥深さを教わりました。来年の夏が楽しみ!

R0031383_R2.jpg

浅草のかっぱ橋通りを北上したあたりにある、江戸すだれ「田中製簾所」さんへ、簾のことを伺いに行ってきました。こちらのことは、歩花ハウスのお施主さんに教わりました。歩花ハウの2期工事で、日よけを考える中で、質の良いすだれを使うことを考えられないだろうかということから、お施主さんが以前、聞いたことがある江戸すだれはどうだろう?ということで、さっそく問い合わせたところ、工房に来てみたほうが素材のことなどわかるよ。ということだったので行ってきました。

R0031360_R2.jpg

こちらが基本となる簾3種。手前から、竹、ごぎょう、葦。それぞれ風合いも異なりますが、

R0031365_R2.jpg

日射遮蔽率も異なります!素材で異なるとは考えてもいませんでした。実際に照度計で測定されて確認もされたそうです。中でも、最も遮蔽効果があるのは、ごぎょう。今まで、簾といえば葦か細い竹で、あまり素材の違いを考えたことがなかったので、来て見て実感できてよかったです。

R0031369_R2.jpg

すだれは、このような器具で紐を編んでいきます。

R0031386_R2.jpg

外に15年ほどつるしっぱなしだよといわれたのがこちら。以外にピシッとした感じを受けます。?。よくだれてくるのできれいだなあと思ったら、簾の上に一本垂木のような木にすだれをつるすことで水平をだし、簾をつる糸が均等に力がつたわることも長持ちのコツということを教わりました。

R0031397_R2.jpg

さらに、2Fのギャラリーへもお邪魔させていただくと、なんと内側にも簾。こちらは細い竹。太さの異なる簾が二層なので光の入り方をコントロールできます。二重サッシならぬ、二重簾。

R0031411_R2.jpg

近隣の視線やデザイン的に簾の素材を2種類。

R0031404_R2.jpg

簾の活用方法は、簀戸、屏風、マットなど。いろいろな展開があることを改めて教わりました。これはいろいろとデザインが楽しみになってきました。

日射遮蔽、「簾」への楽しみ方、考え方が一気に広がりました。なかなかこういう体験をしたことがありませんでした。見学させていただきありがとうございます。

来年の夏はすだれを楽しみたい!
スポンサーサイト
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。