スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉の木体験 丸太から建築まで

木造公共建築物等支援の木材調査で、千葉県木材市場協同組合さんへ行ってきました。

R0031635_R.jpg
千葉の杉丸太、檜丸太などの原木が積まれています。

R0031667_R_20121212000344.jpg

原木置き場の隣には巨大な製材置き場もあります。市場ということもあり様々な材が保管されています。千葉の材だけではなく、他地域の材もあります。しかし異なる地域の木は同じような状態で置いていても割れがでてきます、確かに割れが入っていました。
そして、乾燥方法も天然乾燥ものと人工乾燥モノも並んでいて甘い香りと燻製っぽい香りと乾燥方法によってかぎ分ける方法も教わりました。確かに天然乾燥はいい木の香り、しかし時間がかかるというところがコスト的な問題もあったりします。

R0031668_R.jpg

赤身であり黒さがある「山武杉」千葉の山武地域特有の杉です。この板材を室内に使うと、

R0031605_R.jpg

脂分が他の杉より多く光沢感がでます。無塗装な状態でこの表情なので高級感の出る杉材です。杉といえども地域の気候によってさまざまな杉があります。素材の魅力。こういう杉をインテリアに使いこなしてみたいです。

R0031699_R.jpg

敷地内に建つ「モクイチ」木と住まいの情報館。木造住宅を建てるときに参考になる、サンプルや構造等のモデルルーム、会議スペース、地元材などでつくった和室などがあります。そしてこの建物の構造自体も地元の杉を使っています。千葉の木は柔らかいので、集成材として組み合わせた架構とし大空間をつくっています。地域の木材を使う建築の可能性のモデルにもなっています。

原木から製材、インテリア、建築構造まで体験できました。
地域の木材をつかうを考える日々が各地で進行中です。



スポンサーサイト
プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。