スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサイクルアート トンバイ塀

1005181

有田の焼き物店が並ぶ大通りから路地を奥へ進むと、「トンバイ塀」のある通りがあります。

1005182

軟らかく、力強く、土を感じる塀です。
トンバイ塀は、焼き物を焼くための登り窯を解体した、煉瓦などを解体して赤土で固めた塀なんです。土を固めてつくったレンガが登り窯になり、そして塀になったリサイクルな塀。もし、解体した場合、次はどこに使われるのだろうか?庭の舗装につかったり、花壇にしたり、薪ストーブの背面の蓄熱壁にしても味わいがありそう。

素材がイメージを膨らませてくれます。

そして、当初は同じ形だった煉瓦がかけたり、微妙に色が異なるもの、高温の熱で表面が焼き物のようになっているものなどが積み上げられ、似ているようで異なるものの集合体のおかげで、表情が豊かな塀がまちの景色をつくっています。

遠くから見ると似ていて、近くから見ると異なる。
これが豊かな表情をうみだすデザイン。そして、リサイクルが秘訣かもしれません。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。