スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本の煙突の話

バイオクライマティックデザイン小委員会の活動で、その道のプロフェッショナルなお二人にお話をうかがってきました。住い・家づくりにおける、自然の活かし方、設備設計の考え方など、バイオクライマティックデザインとは?を考えていくためにとても刺激的で勉強になるインタビューをさせていただきました。

そのお話の中で、最も印象的だった「2本の煙突の話」。

住いづくり、家づくりを考えるとき、同時に住い手は、自分の生活を見つめなおすきっかけになると思います。そのとき、建築設計では常に、理想とコストの間を行き来します。

近年、エコという視点から、いきすぎたメカニカルなものや偏った効率を追求する視点が強くなる傾向があります。もちろんそういった「性能」を理解したうえで、住い手が考え・求める「生活の質」をどのようにデザインしていくかを考えることが大切です。どうも、最近の経験では、技術者というのはともすると、突き抜けすぎる危険性をはらんでいて、どちらかでなければだめだという回答になることもあります。

「性能」と「質」をバランスよくデザインする。
そのとき、たとえば煙突を1本だけしかつくらないのではなく、2本つくればいいのです。
さて、この2本は何を意味しているのか?
きちんとまとめたものは、バイオクライマティックデザイン小委員会の活動でこれからまとめます。

気になる方へ、参考図書をご紹介します。

100524

パッシブハウスはゼロエネルギー住宅」に、事例が掲載されています。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。