スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木を活かすプランニング

学会の調査で有名な建築家の自邸におじゃましてきました。
設計のスタンスやデザインともに本や講演などで勉強させていただいている方の自邸だけに期待を膨らませお邪魔させていただきました。
1006281

戸建て住宅が立ち並ぶ住宅街を歩いていると、一軒だけ大きな木と共にある住宅が目を引きます。奇抜とかそういうことではなく、この土地におそらく昔からあった樹木を活かした住いのプランニングということが予備知識がなくてもわかります。実際の設計の過程をこちらの書籍で読ませていただくと、この樹木を活かして住いを設計したことがわかります。

しかも現地へ行って分かるのは、隣の家の庭との連続性もあるんです。だから、駐車場上の2Fの屋上テラスに出ると最高です。上に樹木、下には屋上緑化と隣地の庭が空間的に開けています。

住いのプランを考えるときライフスタイルや敷地の条件を考えることは大切です。1本の木を活かすという方法もあります。この季節蒸し暑いのですが、部屋から緑が見えることは気分的にも、微気候的にも涼しさがあります。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。