スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1次+2次+3次=6次産業には付加価値が大切

農商工連携のお知らせで、いわき地域産業6次化ネットワークへ参加してきました。
農業の6次化産業を考えるといことで、茨城大学の塩先生他、地元の事例報告がありました。いわき市内でもいろいろな取組みがあるんだなあということ知り、また農と食の領域は広く取組んでいる方の分野は燻製、薬膳、チョコなど。

いろいろなお話を聞いていてのメモ。
1.生産から加工し販売する一連の取組みを行うことが「6次産業」という。
2.6次産業を成功させるためには「付加価値・差別化」が必要。
3.マーケティングでいう4P。プライス、プレイス、プロダクト、プロモーションがやはり大事。しかし全てを満足することが難しいしどうすればよいのか。

お話やメモで感じること。
1.農の現場を見学していると一連して行うのはホント大変。
2.一言で付加価値・差別化というがこの事例や方法が知りたい。難しい。
3.4Pをバランスよくすべて行っているというのは大変でなかなかできていない。

私が、農と食のデザインを行っていて感じるのは、3つに対してどうすればよいかというと、
1.おいしいといってもらえる割合の高い、美味しい野菜や加工品、調味料を続けやすいように手に入りやすくできれば地元材でつくる。<商品開発>
2.生産や加工の現場や販売情報を写真や文字など各種媒体で定期的にお客さんへ伝える。<情報発信>
3.伝わりやすく、整理され、組織のテースト・雰囲気が伝わるデザインで商品やPOP、たより、HPなどに統一感をもたせる。<ブランド・差別化>
になるのではないかなと、最近の取組みで感じています。書いたり言ったりするのはたやすいのですが、いざ実践するとなかな大変なことには変わりはないのですが、これからは6次化の時代のようです。

農と食のブランディングデザイン取組みの内容はこちらにもいろいろあります。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。