スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳の上げ方:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

昨年末に出会ったいわき市内の築30年代の中古住宅。
時間を見て現況状況を調査したり、調査するために劣化しているところを解体したり。少しづつやろうと考えていたのですが、だんだんと暑くなってくると最も劣化している水まわりを早めにリフォームしないと、解体作業や農作業の汗がどうにもならないので、一気に水まわりリフォームデザインし図面をつくり、工事をしてくれるところや、リフォームの素材を集めたりしていました。やっとめどが立ってきたので、ぼちぼちご紹介していこうと思います。

今回の内容は、中古住宅の劣化診断し、部分高断熱改修、自然素材、できるところは自分でつくるハーフDIY、ネットなどで資材購入などなど取組み中です。思考錯誤と理想と現実がせめぎあっています。

普段はデザインし設計し監理する立場が多いのですが、今回は自分が施主の立場でもあるので悩み事はつきません。しかしそれ以上に発見もたくさんあり、楽しくもあります。

なによりも、自分で考えて調べて、デザインして、つくってみると愛着がわくし、建物の構造・つくられ方が分かり今後の維持管理のしやすさにつながります。近年の新築住宅は、密閉具合が高く、時には点検がしにくい場合があったりと維持管理のしにくさから劣化が進む可能性もあることを考えると、オススメの方法だと実感しています。

そして、いざ自分でやりだすと「え?」こんなことも知らなかったということがたくさん出てきます。
まずは「畳の上げ方。」忍者ではないので畳をたたいても畳は上がってきません。

畳の上げ方100723

ドライバーなどを畳のヘリに差し込みぐいと、てこの原理であげます。
あげた後は床下の調査です。
今まで畳の生活が少ないことと畳を上げて維持管理する経験がほとんどないことを実感してしまいます。ためしに、畳をめくってみると意外な発見がたくさんあります。ぜひ一枚めくってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。