スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下は土でした。そして蟻道発見!:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

バールを使って荒床をはがしてみるとそこには床下空間が現れます。

100805

床下は土でした。昭和50年代ころの住宅は床土間にコンクリートを打つということがなかったので土が基本です。そして写真中央のコンクリートのブロックに束をたてて、床を張るというのが一般的なつくりでした。

その束石をよく見ていただくと、一本の筋が。これが「蟻道です」。シロアリが活動しやすいように糞や土などを塗り固めてつくった活動通路なんです。「やばい、白蟻いるよほんとに。」とおもうのですが、ここでこの蟻道を壊すのはやめておきます。なぜか?現場検証のため、白蟻駆除専門の方が来たときに崩してみてもらうことが大切なんです。

そんなに悠長なことをいっていてもよいのか?はい大丈夫です。シロアリはそんなに早く沢山木を食べられません。手前の荒床結構食べられていますが、おそらく10~20年かけてこれくらいです。

手前の荒床は局部的に軟らかくなっているほどシロアリに食べられていますが、写真をよく見て分かるように、束やネタは食べられた痕跡がほとんどありません。試しにバールなどでたたいてみても「コンコン」と乾いた木の音がして健全そうです。シロアリに食べられていたら、「サクサク」とスカスカな音がします。

シロアリは軟らかくて湿度や温度などちょうどよいところを食べ続けるようです。この中で床板や畳が歯触り良く軟らかく食べていったということです。

この状況から分かること!
よく、防蟻処理といって柱や土台などの造材へ薬剤などを新築時に散布しますが、シロアリにしてみれば硬い構造材は通り道で、食べやすい下地材などへむかうということもあるということです。

中古住宅とシロアリいろいろあります。こちらもどうぞ。
スポンサーサイト
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。