スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床の解体は続きます:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY 築30年代中古住宅

シロアリ調査と駆除も第一段階はお終わり、知識も増えると解体していてシロアリが食べた跡を発見しても安心できます。
蟻害が多かったカーペットの間は徹底的に床板を解体し貼り直さなければなりません。丸のこで床に切り込み入れて、大バールでてこの原理で合板ごと古釘を引っこ抜く作業を続けます。

古釘は抜けにくい!しかも力いっぱいひっこ抜こうとすると釘の頭だけ取れることが結構あって厄介なんです。古釘の抜けないやつはどうすればいいんだ?と考えていると、遊びに来た大工友達が「打ち込んでしまうんだよ」と一言。なるほど引いてだめなら打ち込んでしまえです。

1010211
しかし、時にはスッと抜ける部分が出てきます。そう、ネタがシロアリにほぼ食べられ釘がとまっていないんです。いいかんじで釘もさびています。床を歩いていてふかふかしている部分の下はこんな感じになっているはずです。

1010212

なんとかかんとか床板をはがした状態。ネタが部分的にシロアリ被害。束や大引きは無事です。食べやすそうな細い部材が先にやられやすい感じです。

解体は体力と時間が必要です。<リフォーム関連情報はこちらもどうぞ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。