スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堆肥小屋の設計は奥が深い

急ピッチで堆肥小屋の設計をしています。
堆肥小屋とは、農業に重要な有機肥料をつくるためのストックヤードであり調合施設になります。もちろん大型な堆肥製造を目的とした施設もありますが、今回はほぼ自家消費のための施設です。

当初は、牛フンや鶏糞などが雨をしのげる屋根があればよい東屋のようなものと考えていましたが、実際に設計しだすと奥が深いんです。

なぜか?それは、有機農業の要であり、いかに作業を効率化できるレイアウトや高さの設定などを検討しなければならなく、またローコストで構造的にも安心な架構が求められます。

そして、堆肥小屋にももちろんデザインは大切です。地形から考える屋根の勾配。できるだけシンプルでありながらも構造的なバランスを考えた骨組みと筋かいの配置。作業のしやすい仕切りや建具の納まり。

想像以上に面白いビルディングタイプの設計作業が続きます。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。