スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹木を残し西向きに建てる方法 つくばにて

建築学会のバイオクライマティックデザイン小委員会の見学会で、つくばへ行ってきました。いろいろなことが研究されていて、すごいモデルハウスの工事中現場を見学させていただきました。なるほどです、これからは住んでいるときだけではなく、つくる時もどうやって二酸化炭素を減らすべきか、考えることがまだまだありそうです。

そして、建築試験研究センターの新しい建物を見学です。
1011011
敷地内の雑木林の奥に建物があります。この建物を計画する際に様々な配置をスタディーする中で、既存の樹木を残すこの配置にまとまったためこのように木々の奥にたてものがあります。なんとも奥行き感と雑木林の透き通る感じがいい感じです。
1011012
室内は集成材のフレームで木質感ただよいます。
1011013
この建物は開口部に特徴があります。単純に建物を西向きに配置すると朝と夕方の日差しで執務空間が暑くなり普通はやらないのですが、そこをデザインです。雑木林や、サッシの外部に設置されている可動ルーバー、集成材の柱によっても日差しを遮っています。さすが、環境を読みとりデザインするとこういう提案ができるということの勉強になります。

設計は、エステック計画研究所さんです。プロジェクト時のデータがこちらのHPでも拝見できます。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。