スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根が壁にぶつかる部分を見てみます:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

中古住宅の現況を把握するには、開いて覗いてが基本になります。こういうときに築30年もので断熱材が入っていない建物は、いろいろ覗けて劣化状況などを判断がしやすくて便利です。

そんなわけで、気になっていた平屋部分の屋根が外壁に接続する部分から雨が入り込んで、1階の天井裏が腐っていたりしないか確認してみようと思い、2階の畳をあげ、例のごとく荒床をはがします。
1012021

このすきまでどうするかというと、デジカメをこの中へ入れ、気になる方向へ向けてシャッターを押す調査。
すると、
1012022
何枚かとることで、やっと目的のエリアを撮影できます。
すぐにモニターで確認し、接合部の問題もなさそうで案外木が腐っていないことに驚きます。
一応、構造体に白蟻の蟻道もないか確認します。もしかすると、雨漏りがシロアリを呼び、2階までシロアリが登ることはあります。しかし、どこにも見当たらないのでシロアリは大丈夫な様子。

埃で汚い部分はあるにしても構造的にはきれいだなあと、やはり断熱材なく雨漏りもなく、通気がとれていると木ってもつんだなあと分かる半面、寒さとこれからどう付き合っていくかが悩ましいところです。
リフォーム関連情報はこちらもどうぞ
スポンサーサイト
TAG :
いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。