スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棟換気開いていました

棟換気

若清水酒造さんの井戸があり、お米を蒸す作業スペースとなっている古い建物を見上げると、こういう感じでした。広い作業スペースを確保するために大きく太い梁で組まれています。

その棟の部分は開いていて、換気ができるようになっていました。光の具合がきれいだなあというのと、ここから光が入るので小屋組もよく見えます。

ここから光が入ることが昔の建物では貴重だったのと、やはり換気口としての役目がありました。夏は涼しく感じられる上下の空気の流れが、棟のあたりと土間の温度差から生じ(重力換気)ていたとおもいます。冬は火をたいたときの煙の逃げ道になっていたと思います。

今の住いでも、換気棟をサッシとともにデザインし、平面、断面の間取りを調整しながら空気の流れをデザインすると夏の涼しさ、快適さが魅力的になりますよ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。