スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱を蓄える単位容積比熱、何使おう?

歩花ハウス工事始まっているにもかかわらず、スペシャルな蓄熱式放射冷暖房システムの検討。お施主さんが楽しんでいるので、設計者も一緒に楽しませいて頂いていました。きっと、現場は気が気じゃなかったと思いますが、、、、

しばらく、どうやって、どんな材料で蓄熱を少しでも多く、汎用的な素材でできないかを連絡をやり取りしていました。こちらも、そんな材料ないかなといろいろ調べていて、ふと目についたのが、「石膏ボード」。石膏ボードが蓄熱力高くいいというブログを発見。ホントかなあともう少し調べると、「自立循環型住宅への設計ガイドライン」のページに一覧がありました。

1201111

石膏ボード、2306kJ/m2・℃。
モルタルなどに近いことが読みとれます。出所が出どころなので、信頼度が高いです。そうなると、プラスターボードニ重張りにすればそれだけ、蓄熱量が高まるし、現場もいつもの工事なのでスムーズに進みます。

一気に、方向性が決まりました。そしてちょうど、冷暖房の架橋ポリエチレン管も、冷房の方を効かせたいということや2階へも効かせたいということもあり、床から天井へとシフトしようという方向性が出てきました。現場も動いているので、まだ確定していない部分、断熱範囲や結露の課題、熱源、動力などはありますが、配管だけでも先行工事せねばという状況です。

とにかく配管ルートと長さの試算ができるように、急きょ追加図面をつくり、見積へ。
検討はつづく、、

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。