スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツから二本松へ アグリエコステーションプロジェクトはじまる

DSC04525[1]

約6年前のドイツ、カールスルーエのゲロズエッカー・エコロジー団地です。東京で仕事をしていてエコ改修事業などにたずさわりだし、環境のことをあれこれ学ぶうちに、ドイツ行ってみたい!と思い、現地の方にコーディネート頂き、カールスルーエとフライブルクをあちこち見てきました。環境都市と言われるだけあり、こだわりがいろいろ感じられました。もちろん旨く行っている面、そうでもない面。どちらもありちょっと安心した記憶があります。

しかし、一番影響を受けたのは、地方での生活が自然と共にあり豊かな暮らしがある。という感覚です。自転車でウロウロしていたり、美味しい地ビールで議論する市民活動、省エネ、創エネ、制度的な優遇。自分で古民家を改修しバイオマスボイラーを入れている設計者のライフスタイルにはかなり影響されました。このころから、地方で仕事して暮らしたいと思っていました。

そんなドイツで同じように(?)刺激を受けた方が、ドイツからのいろいろなご縁でご紹介があり、お会いしてみると。農家の方でした。農民連の根本さん。とにかくいろいろ環境性能のことなども詳しい。震災以降、二本松の農業の課題、今後の担い手の問題、どのように農業、農家の環境を、省エネ、創エネということも含めて考えていけないかということを考えられているようでした。

私は、住環境のエネルギー環境と快適性能の向上と共に地域経済の循環がうまくリンクするといいなと思い、農業系の企画やデザインをしています。そんな事例などもお伝えしていたら、共感していただく部分があり、次へ次へとプロジェクトが展開しだしています。

地域での自然循環型の建物とライフスタイルと産業のデザイン。なんだか面白いことになってきています。面白すぎるので、あれこれ考えたいのですが、やってみたいことや、調べなければならないこともたくさんあり、今年の夏も暑い夏になりそうです。ドイツ始まりのプロジェクトなので、美味しいソーセージとビールでアイデア練ります!



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。