スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイル浴室を解体してみると腐朽とシロアリと:いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY

ものすごく久しぶりに、仕事場ハーフDIYリフォームのことを書き始めます。前回、書いてから1年ほどたってしまいました。バタバタしているとあっという間。その間、実はシロアリで床を相当やられた8畳間の解体に進んでいたのですが、床板はがしただけで、それ以降放置して1年。いい加減、床をはらないと家族からもクレームが来てしまうので、忙しいを言い訳にせず、この際、一気にリフォームを進めるのと、ブログ掲載を再開します。

R0021603_R.jpg

【前回】タイル浴室のタイルと下地モルタルをハンマーやカッターで解体し防水紙をはがすと下地となる板張りが出てきました。合板を使っていない時代。これはこれできれいなインテリアだなあと壊したくなくなります。

R0021628_R.jpg

解体したガラをスコップできれいに取り除くと、怪しい部分が出てきました。

R0021629_R.jpg

タイルの入隅部分にヒビが入っていたので、水の侵入はあるだろうと思っていましたが、そこから入った水により、土台まわりなどが腐朽していました。もちろん、シロアリもしっかりと食べています。

築30年代の在来浴室はたいがい同じような劣化症状が見られます。その他に、脱衣室から浴室の框の下なども同じ状況が大概見られます。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。