スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北の再生可能エネルギーは農からはじまる

農民連さんの東北ブロック交流集会に急遽、お招きいただきました。笑。連絡したつもり(だいぶなじみになってきた?)、ということで実際に知ったのは一週間前くらい。急遽、ざっくり準備して伺いました。 ミニシンポ「エネルギー革命で東北をどう再生するか」ということで、取組んでいるアグリエコステーションの概要などと、住環境で考えるべきエネルギーについてプレゼンさせていただいたり、会場の皆さんと意見交換させていただきました。

今回、基調講演「地域主導のエネルギー革命をどうすすめるか 」 倉阪秀史先生(千葉大大学院教授 ) のお話は、政策、条例等をつくるという視点と共に、再生可能エネルギーにおける経済効果を成長部門としてグロバールな経済と、持続可能部門としてのローカルな経済があること。地域政策の人工・自然・人的・社会関係資本、4つの地域資本という考え方があるということの分類については、腑に落ちる分類で勉強になりました。

トータルな視点で、地域をとらえ、様々な活動のつながりやバランスを考え、再生エネルギー推進という視点でも大切なこと。

初日は講演とパネルディスカッション、二日目は意見交換。どちらも、太陽光発電に関する話題は多く時節がらです。そして次に多かったのが、小水力発電。これほど、積極的な話題になるあたりが、地域、農家、自然の力を感じます。

そして、もう一つが「もみがら」。

IMGP0015_R.jpg
木質系バイオマスのことをあれこれ話していたら、教えてくれた須賀川の農家の方がいらっしゃいました。圧縮籾殻です。この季節、処分に困る籾殻。この有効利用を考え、ちょうどこのサンプルに出会ったことを教えていただきました。しかし初期投資が課題。

偶然にも意見交換で、他県の方からも同じように籾殻の話題が出てきました。東北6県それぞれの地域性と共に話題が出てきます。自然と向き合っている方々の話には力があり、これからの可能性を感じます。

東北といえども緯度や経度も異なり、日本海側、太平洋側でも気候が異なります、そのため、太陽か、木か、籾殻か、様々な重要度合いが異なることも生の声を聞けたことがよかったです。

自然と向き合い、農産物という自然のエネルギーを生産している農家の方々は、再生エネルギーについて感覚的にも理解が早く、動きも早い感じがします。向き合っていること、実感が伴っていること、当たり前なこと。これからの、エネルギーは農から地域からどんどん発信と展開が進みそうな期待が高まりました。楽しみです。自分も頑張ります。



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。