スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木はいつのまにかに大きくなっていて

091125木

温暖化防止WSでグループ議論のときに、いわきではこれだけ自然が豊かだと、都市部と比べまちづくりとしての緑・樹木を植えようという話はなりにくいですよねということを話していたところ、いわきならではの木にまつわる話をお伺いできました。

数十年前に家を購入された方の南側の敷地の樹木の苗木が今や大木になってしまい、日中でも薄暗くなり、その土地の方と相談して樹木を伐採したということです。

そして、どこの山でも大きくなってしまい手つかずの樹木が立ち並んでいるということがどこでもあるんだよ。という話を聞くと、木を植えたはよいが、使い道は?木の手入れは?と考えさせられます。

先日、中央分離帯にみっしりと茂った垣根のおかげで対向車線が見えなく、その間からUターンしてきた車がぶつかる事故を見かけました。木の手入れはいろいろなところで必要そうと感じる話と出来事が続きました。

試しに、「いわき 樹木伐採」で検索してみたのですが、あまりめぼしいサイトや情報が見つからないのは不思議でしたが、こちらの伐採剪定会社さんがありました。なるほど電線へ絡むこともあるんですね。

このまま木を伸ばし続けるとどうなるんでしょう?みんな巨木になるのだろうか、倒れるのか、問題なければ育てておこうという感じで、木だけになんとなく先送りになりそうな課題な気がします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。