スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農商工連携先進事例から学ぶワークショップ

NPO法人ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会さんの取組みを学び、見学や道の駅で買物をした後は、先進事例のどこに目をつけて、そこから何を学び、いわき市で農商工連携の取り組みができるかを考えるワークショップでした。

0912111

グループ4名で、今回の研修で学んだ目のつけどころを一言づつ出し合います。
・いわきは「魚」に目をつけるのが地域の特色ではないか。魚のアラなどが堆肥へもつながるはず。
・市内の生産者や加工者などをリストアップしつなげること。
・WIN×WINの関係づくりを準備する必要がある。
・荒廃していて使われていなかった桑畑=無から、有=桑の葉パウダーのような加工品へ。無から有の企画とプロモーションを考えたい。などが、まずでました。

こういうコンセプトみたいな話はよく出ますが、だいたいこの辺でいつも議論は抽象的におわるのが残念なので、今回は短時間にぐっと、具体化のイメージを議論しました。

いわき→魚→残さ→堆肥化(飲食店とも連携)→ブランド野菜(農と連携)→ブランド野菜のレシピコンテスト→消費者・生産者・加工者のマッチングへ。

0912112

それらの議論をまとめた用紙がこちら。私は発表者役だったので、プレゼンしやすいように、こちらも一気に右のような関連図を書き上げました。東和のげんき野菜に学び、魚と野菜がつながるブランドマークもデザインしてしまいました。

他の参加者からは、魚のアラの堆肥化は臭いきつくて難しいよ。事業計画を検討すると発生する否定意見。必ずあります。しかし、それを一つづつクリアーしていく方法を考えて行くことが事業化なんだろうなあと資源循環センターを見学させていただいたので、大丈夫でしょうと言おうと思っていたところ、他の参加者の方から、ある魚の加工地域はその全体が結構魚の加工する臭いがしているから、そこでうまく堆肥化できれば目立たないと思います。

なるほど!地域の特性を活かすです。一人で考えることには限界があります。皆でいろいろ考えてみると、いろいろな案が浮かぶなあという、短時間でしたが実りあるワークショップでした。

今回ワークショップで使ったホワイトボードならぬ、ホワイトシートは書いて消せて便利です!
コーワライティングシートワークショップにはこちらもオススメです!

あらためて、農をきちんと事業化していくための空間を含めたプロダクトづくり・プロモーションのお手伝いをしたいと考える環デザイン舎です。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。