スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土蔵の効果はまわりの環境によりけり?!

農家の方の話を聞きました。

米などを貯蔵しておく蔵を曳き屋で移築したところ、調湿効果がダウン!
今まで蔵の周りにはえていたサツキがなくなったためではないか?と考え、植えつけてまったところサツキが大きくなり10年くらいたったころから調湿効果がもどってきたということがあるそうです。
野菜類のおいしさ維持するために調湿効果は大切です。

農家の方との何気ない会話には示唆が富んでいます。確かに蔵の周りに樹木があることで蔵へ直射光が当たりにくく温度調整ができます。また、植物が呼吸する蒸発発散効果で夏は涼しく冬は適度な湿度を確保できることにつながっているのかもしれません。

今まで、蔵などの「土壁」の調湿効果に注目した性能を評価する記事や論文などはよく目にしていましたが、土壁の効果を活かすための周辺環境のつくりかたも考えてデザインしていく必要がありそうです。

これから、土蔵をみつけたら周辺環境も注意してみてみようと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。