スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図面と作業と道具 ガッチャ

先日、木の杭を打ち込んで立体的な庭をつくるこちらのワークショップへ行ってきました。
091225

外構の図面を書いたとして、丸い木の杭の図面を書く場合はCADなどで、○をたくさん書いていけばできるのですが、いざ現実的に木の杭を地面へ打ちつけるのは想像以上の作業でした。

地面の硬さは場所によってまちまちで、硬かったり柔らかかったり。しかも重いハンマーを振りかざして杭を打ち込みます。腰が入っていない!と本職の方から。プロはフォームがきれい。道具とからだがつながっています。

そして、杭を打ち続けるとどうしてもずれてきます。その時にズレを調整する道具がありました。その名も「ガッチャ」。引手を引くと輪になっているワイヤーロープが引っ張られ、杭がまとまります。そしてハンマーで打ちながら微調整。道具ってすごいです。最近、非電化パーク以来、ものをつくるための道具がおもしろい!

きれいにつくるためには、もちろん人の技術があって、道具をきちんと使いこなせることなんだろうなと思いました。
翌日、ハンマーを握っていた右手が筋肉痛だったあたりが、まだまだ修行が足りていません。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。