スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木質ペレット製造工場見学へ行ってきました

農商工連携の見学でいわき市の遠野興産株式会社さんへ木質ペレットの製造工場の見学へ行ってきました。
1001212

最初の説明のときに、ペレットってご存知ですか?という質問に知っているという方が参加者全体の2割程度だったとことに驚きと、認知度を高めなければならないんだなあと実感しました。

私はペレットやペレットストーブは知っていましたが、実際に製造の現場へ来たのは初めてです。想像していたより広大な敷地に、ペレットの原料になる丸太や伐採した枝葉などが山積みされ、粉砕するエリア、ストックするエリア、焼却して灰にするエリア、加工するエリアと広く、また手間暇がかかっていることに驚きでした。

100121①

工場でつくられるペレットは最後にふるいなどで選別され「温丸(ぬくまる)」として販売されます。いわき市内であれば送料無料。カーボンニュートラルな燃料。使いたい!と思い、あれやこれやと担当の方に技術や値段のことを聞きこみしました。

ペレットの魅力として、薪ストーブほど煙突のメンテナンスが必要なく、煙突設置費も安い、薪を割る手間がない分高齢者にもやさしいとのことをすすめられました。確かに毎日のこと、高齢者との同居を考えると魅力的です。しかし、最大のハードルは、ペレットストーブ自体の値段が結構いい値段で悩んでしまいます。自分と燃料はかなり近いのですが、その間の装置が距離を引き離してくれます。

これからの課題として、家全体の給湯システムと暖房システムをうまくペレットでまかなえる方法と設備の検討をしていきたいと思いました。

帰りには、田人のおふくろの宿さんで入浴。ペレットボイラーでお湯を沸かしています。確かに言われるように、お湯の質が普通の水なんですが、ガスや灯油で沸かしたお湯より柔らかい感じがしました。なんでも風呂あがり後30分ぐらいに効きだすとか。

製造工場で木の香り、ペレットボイラで沸かしたお湯で温まり、魅力的な木質ペレットを体感させていただきました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。