スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県産材の加工センター見学

ペレット工場を見学後、ペレット製造工場と連携している、勿来にある「いわき材加工センター」を見学しました。
1001241
丸太の山です。

1001242

工場ではラインでどんどん丸太の皮がそがれ、カットされていきます。そのメインのラインでは、3名でこなしているというのですから、少人数化と機械化の威力を感じます。

1001243

そして、端材なども活用したボイラーで製材を人工乾燥です。木が狂いにくいように含水率を下げています。

1001244

福島県産材、杉製材のできあがりです。現在、いわき市では16万本木が出る中、こちらの組合では8万本の加工をしています。

この製材、昔は1本の木の80%を建材などに活用していたのですが、最近は狂いなどが少なく、耐久性などを考慮し芯材を使うため、50%しかつかわないとのことでした。手間とコストのバランスもあるようです。

それでは、木の残りはどうしているのか?すてるのか?
1001245
たくさん積んであるところもありました。
そう、ここが連携です。
ペレット工場との連携でこの端材がペレットの原料になるのです。理想的!

戦前は、建材より燃料としての木材利用量が多かったのですが、最近は建材利用が多い時代が続きました。そして、これからは、燃料利用への増加を望みたいところです。

そして何より今回は、福島県材をたっぷりと見て、木の香りを味わい、丸太一本はホントに安くて、手間暇代で、なんて話を聞いていると、とにかく自分家などにどんどん杉板仕入れて、張りつけたくなります。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。