スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枯葉から思う環境の読み取り方と実践できることは?

車には、長靴、大きい土嚢袋、軍手を常備しています。
移動した先々で、この季節の仕事「枯葉集め」のためです。

今まで、枯葉集めは山の中?木々の足元と思っていたのですが、実際にやってみるとけっこう手間暇かかります。最近注目の場所は、「側溝」です。
1001261

山から落ちてきた枯葉がちょうどよい深さに溜まっています。この枯葉を一気に取って土嚢袋へ押し込みます。あっという間に、車には枯葉の詰まった土嚢袋でいっぱいになります。これがいい運動にもなります。あとは、持ち帰って畑に積んで置きます。

仕事の合間などに待ち合わせ時間より早く着いたときには季節の一仕事。仕込みが大切です。しかし、こういったことができるのは、枯葉がたっぷりある地域に住んでいること、畑があること、有機野菜をつくろうと思う事、どこやって効率的に枯葉を集めようかと考えること、そして、そういった地域の環境特性を考えながら実践できることがつながらなければなりません。

最近「環境」という言葉がいろいろ聞こえてくるとともに主義主張も聞こえます。しかし、よく聞くと主義主張のぶつかりあいだったりします。あなたはどういう場所でどういう生活をしていますか?
もっとシンプルに地域の自然環境特性を読取ながら、どういう生活がしたくて、どれくらいの技術が使いこなせて、どれくらいのコストがかけられるのか、うまくデザインしていきたいです。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。