スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓際のしつらえを活かすには?ラジエーターとプランター

打合せに仙台の大学へ行ってきました。
校舎へ入って目についてのは、温水のラジエーターです。
1002011
トイレの中などにもあり、さすが北国と感じてしまいます。北海道時代は小学校など校舎には必ずありました。ほんわりと温かいので快適な放射型の暖房機です。もちろん、窓際に設置するので、窓からの冷気を温め室内の温度差を少なくし快適感をUPさせてくれます。久しぶりにこういう環境へ身を置くと、温かすぎて体があせっていました。

しかし、学校建築は外と中がいろいろなところでつながっているため、実はたどりだどって行くと、外とこのラジエーターの設置されている場所はつながっていたりします。熱が逃げる!というわけで、暖房区画用の間仕切りを設置したことで、温かい校舎へ改修になりました。古い校舎ではよくあることなので、暖房器具の選定とともに、暖房領域と間仕切りの位置をもう一度見直すと、それだけで暖房費節約です。

1002012

そしてもうひとつ、西日が当たるベランダへ設置された「緑のカーテン用のプランター」もありました。フックで設置され、しっかりとしたロープも設置されています。一番のネックは「水」でした。夏休みも含めだれがどうやって水をあげられるかが課題だそうです。すこしでも不便な感じがあると続かないものなので、これから、土の量を増やしたり、給水方法を変更してぜひ続けていただきたい夏の西日対策です。

同じ部屋にLOW-Eガラスで日射遮蔽をしている教室もあるのですが、教室を使っている生徒からは、緑のカーテンの方が涼しく感じるしよいという感想があるところが、「緑」の力であり感覚的な部分として大切だなあと。

今ある環境をどうやって快適性能をアップできるのか?
そんな手法をあれやこれやと考えると楽しくもあり、これからもっと必要だろうなあと思う窓際のしつらえのいろいろでした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

環デザイン舎

Author:環デザイン舎
自然を活すデザインを日々探求。土地・地域の可能性を見つけシンプルに魅力をデザインし活用しやすくすることが、快適な住いや暮らし、食事、商売へつながり、グルグルと循環するような気がしています。
分かりやすさと対話を大切に建築・企画・デザインしています。
○コチラ [HP] もどうぞ!○

Twitter
カテゴリ
床 (5)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ユーザータグ

いわきでリフォームデザイン&ハーフDIY築30年代中古 郡山あおむしくらぶ 環境省エコハウスモデル事業 V字峡クラインガルテン ineいわき農商工連携の会 田人みつ花の里 会津若松くいしん坊 

月別アーカイブ
ineいわき農商工連携の会twitter
リンク
検索フォーム
このページのトップへ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。